■仮想通貨の始め方

「仮想通貨投資」と聞くと難しいとイメージですよね。私は普段会社員をしています。専業投資家でもありません。しかし、会社の同僚で仮想通貨投資、FXをやっている方が居たのがきっかけで仮想通貨にチャレンジしました。
実際に初心者が仮想通貨を始める為に必要なポイントをまとめましたので、この記事を参考にして、仮想通貨投資にチャレンジして下さい。

 

■口座開設を今すぐしたい方へ

説明よりも、とにかく取引所に口座解説したい方は、下記のリンクから口座開設が可能です。

・仮想通貨ならビットバンク
・様々な手数料が0円!仮想通貨なら【DMM Bitcoin】 今なら口座開設で1000円貰える!
・GMOコインに登録する
・bitFlyer
・Zaif
・BitMEX   BTCFXにおすすめレバレッジ最大100倍
・CryptoGT アルトコインFXにおすすめレバレッジ最大200倍

仮想通貨は、取引所によって手数料が異なります。手数料が安い取引所を使った方が無駄なく投資出来るので、手数料の安い取引所を利用する事をおすすめします。

 

■仮想通貨(暗号通貨)とはなにか?

仮想通貨とは、インターネット上に存在する通貨です。一番有名な仮想通貨であるビットコインは、現実にコインが画像の様に存在する訳ではありません。あくまでネット上に存在するデータに過ぎないのです。

・電子マネーとは違うのか?
仮想通貨は電子マネーとは違います。電子マネーは日本円をチャージして、決済をするものです。紙幣、硬貨を使用使わずに決済をします。電子マネーとビットコインが違うのは、BTCそのものが通貨として成立しているという事です。そして、電子マネーは限られた国、地域や店舗でのみ使用できますが、BTCは国境を跨いで世界中の人が買い求める事ができます。

・仮想通貨の凄さ
これまで投資の世界は各国の通貨や言葉によって分断されてきました。しかし、仮想通貨は、同じ仮想通貨を世界中の人が買い求める事が出来るので、値動きが激しく、それだけに億り人なる人も誕生するバブル状態となったのです。このバブルは2018年1月に崩壊しましたが、また仮想通貨バブルは再来する可能性があり、その時に億り人となるために、価格が暴落している今が仮想通貨を買うチャンスなのです。

 

■仮想通貨の種類は何種類あるの?

仮想通貨といえばビットコイン(BTC)が有名です。今現在、仮想通貨の基軸通貨と言えばビットコインです。世界には1500種類以上の仮想通貨があり、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言います。アルトコインの中には、1コイン=0.1円未満のコインもあり、草コインと言ったりします。ビットコインも元々は0.1円以下の時代がありました。仮想通貨は、価値が時には数千倍になる事があります。

0.001円の草コインを100万コイン購入したとします。

0.001×1000000=1000円(投資額)

その草コインが1コイン100円になったらいくらになるでしょうか。

100×1000000=1億円(利益)

これが億り人が生まれた仕組みです。

仮想通貨はまだ仕組み自体を理解していない方が多く、成長産業とも言われています。今の段階で仮想通貨投資を始めれば、またバブル状態となった時に、確実に波に乗る事が出来ます。

仮想通貨を買うために、必要なのはハードウェアウォレットを用意すること、取引所に口座を開設する事です。下記では、ハードウェアウォレットと国内の取引所で取り扱っている仮想通貨について書いていきます。

 

■仮想通貨を実際に買う前にハードウェアウォレットを準備

仮想通貨購入方法を紹介するサイトは多々ありますが、仮想通貨の管理方法をしっかり説明してくれるサイトは少ないです。仮想通貨は購入したら、ハードウェアウォレットにすぐ移動させる必要があります。コインチェック事件、Zaifの流出事件からわかりますが、仮想通貨取引所はハッキング攻撃のリスクがあります。取引所の口座に仮想通貨を置いたままにしていると、取引所がハッキング攻撃を受けた時に、自分の買った仮想通貨を出金、売買出来なくなります。そのリスクを回避するために、まずハードウェアウォレットの購入から始めましょう。

 

ハードウェアウォレットについては、別サイトのビットコインウォレットにまとめました。ハードウェアウォレットは正規代理店から購入して下さい。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

 

■仮想通貨購入方法

仮想通貨を実際に購入するために必要な事は4つです。
1、仮想通貨取引所に口座開設(アカウント作成)をする。
2、日本円を取引所に入金する。
3、仮想通貨を購入する。
4、仮想通貨をハードウェアウォレットに移す。

 

1~4の詳細を解説していきます。

1、仮想通貨取引所に口座開設(アカウント作成)をする。

仮想通貨を購入するためには、銀行口座と同じように仮想通貨の口座を開設する必要があります。口座開設手続きは、全てネットで出来ます。日本国内に仮想通貨取引所は複数あり、どこに口座開設したら良いか悩むと思います。現在、bitbankは仮想通貨売買手数料無料キャンペーンを行っています。bitbankは手数料無料キャンペーン中のため、必ず押さえて欲しい取引所です。口座開設自体は下記リンクから可能です。

 

bitbankのメリット・デメリットはこちらの記事にまとめています。

bitbank

 

2、日本円を取引所に入金する。

取引所の口座開設ができたら、仮想通貨を購入すうための資金を入金します。入金方法は取引所によって違いますが、基本的にはコンビニなどから入金できるクイック入金、銀行振込があります。

仮想通貨は1コイン以下の単位で購入できます。例えば、1BTCが50万円の時に、1万円分0.02BTC購入する事が可能です。少額の1000円以下の単位からでも仮想通貨は始める事ができます。

 

3、仮想通貨を購入する。

日本円を入金したら実際に仮想通貨を購入します。取引所によって、取り扱っている仮想通貨の種類は若干異なります。初心者の方は、まずBTC(ビットコイン)の購入から始めてみてはいかがでしょうか。

 

4、仮想通貨をハードウェアウォレットに移す。

購入した仮想通貨を取引所に置いたままにしていると、取引所がハッキング攻撃された場合に大打撃を受けます。仮想通貨は法定通貨以上に管理を厳重にする必要があります。

ハードウェアウォレットの必要性や購入の注意点をこちらのサイトで解説しています

 

■まとめ

仮想通貨を始める流れを説明しました。仮想通貨投資は値動きの幅が大きいため、儲かる時は大きく儲かりますが、損をするときも大きく損をしてしまいます。まずは少額から始めて、慣れてきたら投資額を増やしていきましょう。