SBIホールディングスでは、国内株式・海外株式・海外ETF・投信・債券・FX・先物オプション・CDF・eワラント・金・銀・プラチナ・NISA・つみたてNISA・iDeCo確定拠出年金・銀行・保険・仮想通貨これらすべてを取り扱っています。平成27-28証券業界営業収益ランキングでは、野村HD、大和証券グループ本社、三菱UFJ証券HD、SBIホールディングスの順で営業収益が高く、SBIホールディングスの営業収益は2617億円となっています。国内第4位の規模を誇るSBIホールディングスですが、今後大きく他の証券会社を追い抜く可能性を秘めています。SBIホールディングスは、2018年から仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」を開始しました。BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)の3種類の仮想通貨取引が可能となり、他の証券会社にはない一体的なポートフォリオを組む事が可能になりました。
SBIホールディングスの一つであるSBI証券は、投資初心者から上級者を満足させる証券会社として、今も根強い人気があります。これから投資を始めるには、SBI証券を利用してみてはいかがでしょうか。ネット証券口座開設が初めての方でも、何度でも専用サポートが無料で受けられる方法があります。ネクシィーズ・トレードは、株式会社SBI証券と共同で設立された会社です。ネクシィーズ・トレードからSBI証券の口座を開設する事で、公式サポートが18時で終わるのに対して、19時30分まで通話料無料の電話サポートを受ける事が可能です。

SBI証券の魅力、特徴を紹介

2018年オリコン日本顧客満足度ランキングネット証券において、3年連続第1位を受賞しています。オリコン顧客満足度ランキングは、株式会社oriconMEが実際のサービス利用者を対象にした調査です。株式情報のわかりやすさ、取扱商品の幅広さ、企業情報の多さ、手数料の安さ、問い合わせの対応など総合的に満足度が高いという声があります。
SBIは証券は、スマホ、PCそれぞれの端末に応じてツールが用意されています。
・HYPER SBI(パソコン向け)
情報画面でマウスのドラッグ&ドロップで簡単に売買注文、訂正、取り消しが可能です。秒単位で相場で勝負しているアクティブトレーダーのために開発されたツールです。投資初心者でも操作が簡単にできる注文機能を搭載しており、投資情報も提供しています。株価・市場のアラート機能もあり、取引のサポート機能が充実しています。
・SBI CFDトレーダー(パソコン向け)
チャートを見ながら注文・訂正・取消ができます。そして22種類のテクニカル指標が追加可能です。プライスパネルで各銘柄の価格、ニュースなど最新のマーケット情報を確認できます。好みの設定にカスタマイズも可能で、注文数量、価格、有効期限の設定も可能で、新規注文をする際の手間を省くことができます。
・SBI証券株(国内株)アプリ(スマートフォン向け)
Push通知で約定・企業情報を通知可能です。銘柄のランキング機能があり、どの銘柄が上昇しているのか、売買が多いのかを瞬時に把握できます。株主優待情報の内容、株主優待を受け取るのに必要な金額も検索で見る事ができます。お気に入りの株主優待銘柄を見つけるのに役立ちます。テーマ投資機能もあり、注目の銘柄をまとめて取引できます。
・HYPER FXアプリ(スマートフォン向け)
ワンタップで新規注文・決済注文・ドテンが可能であり、スピード重視、スマホアプリの常識を変える機能を2018/06/29のリニューアルで実装しました。口座開設前でもダウンロードする事で、レート、チャート機能は利用できます。14種類のテクニカル指標を搭載しています。4画面チャート、2通貨チャート、多重分析チャート、トレンドライン描画機能もスマホアプリで付いています。
・HYPER先物・オプションアプリ(スマートフォン向け)
ワンタップで新規注文・決済注文が可能です。国内外の指数やチャートを閲覧でき、最新のマーケット情報を確認出来ます。チャートがリアルタイム(最短1秒更新)に更新されるので、常に情報は最新です。アプリ起動に自動ログイン機能があるので便利です。
・HYPER CFDアプリ(スマートフォン向け)
ワンタップで新規注文・決済注文が可能です。ロイター、株式新聞、モーニングスター等からのマーケット情報、個別の銘柄情報がリアルタイムで確認できます。アラート設定が可能で、指定レートに到達するとEメールで通知をしてくれます。
SBI証券の国内株式手数料(ETF、ETN、REIT、証券投資法人、新株予約権証券含む)
・スタンダードプラン(中期・長期の取引におすすめ)
1注文の約定代金:手数料(税込)
5万円まで:54円
10万円まで:97円
20万円まで:113円
50万円まで:270円
100万円まで:525円
150万円まで:628円
3000万円まで:994円
3000万円超:1050円

・アクティブプラン(デイトレードにおすすmr)
1日の約定代金合計:手数料(税込)
10万円まで:0円
20万円まで:206円
30万円まで:308円
50万円まで:463円
100万円まで:822円
以降100万円増額毎に:432円ずつ増額

豊富なIPO(新規上場株式)取り扱い実績

SBI証券は、2017年度の全上場会社数のうち約95%の銘柄の取り扱い実績があります。IPOのメリットは、買い付け手数料が無料、今後成長が期待される企業の投資に参加可能、初値公開価格よりも高くなる可能性がある事です。例えば、銘柄オード3997トレードワークスは、公開価格2200円が初値で13600円に上昇しました。IPOに参加できるという事は、それだけでメリットがあるのです。

NISA口座の一部手数料が無料

NISAとは、配当金、分配金、譲渡益が5年間非課税となる制度です。取引口座は1人1口座のみ解説可能です。非課税投資の上限額は年間120万円が上限になっています。SBI証券では、NISA口座での国内株式売買・海外ETF買の手数料を恒久的に無料にしています。NISA口座を持つなら取引手数料が無料なSBI証券がおすすめです。つみたてNISA、ジュニアNISAも国内株式の手数料は無料です。

SBIポイント

SBI証券は、現金、他のポイントサービス、商品に交換できるポイントです。新規口座開設、国内株式現物取引、投資信託取引、金・プラチナ取引、国内株式移管入庫でポイントが獲得できます。nanaco、T-POINT、PeX、ANAマイル、JALマイルに交換できます。現金に交換する場合は、1000ポイント単位から1ポイント=0.8円で現金に交換する事ができます。

SBI証券は提携銀からの入金は即時反映

住信SBIネット銀行即時決済サービス
三菱UFJ銀行ネット振込
三井住友銀行ウェブ振込サービス
みずほダイレクトネット振込決済サービス
りそな銀行ネット振込サービス
埼玉りそな銀行ネット振込サービス
近畿大阪銀行ネット振込サービス
楽天銀行かんたん決済プラス
ジャパンネット銀行リンク決済
ゆうちょ銀行ゆうちょダイレクトプラス
セブン銀行ネット決済サービス
スルガ銀行ネットデビット
イオン銀行WEB即時決済サービス
以上の銀行からの振込・振替手数料は無料、そして買付余力へ即時反映されます。入金手数料がほとんどの大手金融機関で無料なのは投資をする上でメリットがあります。入金手数料がある証券会社の場合は、入金手数料以上の利益を出す必要があるからです。

口座開設方法

SBI証券の取り扱い商品の幅広さ、ツールの豊富さ、手数料無料などメリットを説明してきましたが、口座開設したい方へ口座開設のおすすめ方法をお伝えします。

ネクシィーズ・トレードから口座開設をすると、SBI証券から直接申し込みした場合と比べ、通話料無料(携帯からも通話料無料)サポートを受ける事が出来ます。株の始め方、WEB画面の注文操作、取引ツールの上手な使い方のサポートを利用できます。SBI証券のコールセンターは、18時で営業終了ですが、ネクシィーズ・トレードから申し込みをすると19時30分までサポートを受ける事が出来ます。Webでのキャンペーンを上手く利用して、お得にSBI証券で投資を始めましょう。