近年資産運用への注目が集まると同時に、「投資に対するハードル」を下げる商品や会社が数多く登場しています。

その中でも少額で参加できる投資サービスのみに絞って提供している証券会社がOne Tap BUYです。

 

1 One Tap BUYの特徴

 

One Tap BUYはいくつかのアプリに分かれてサービスを提供していますが、基本的な特徴は「気軽に投資に参加できる環境を作る」事です。

 

1‐1 1000円から参加できる

まず最大の特徴が「1000円から株式の買い付けができる」という所です。

株式は最低単位数(買い付けする際の最低単位)が定められているので、1万円ならまだしも1000円で株を買うなどということはできません。

そこでOne Tap BUYが一旦株を購入し、それを小分けにして売るという形をとる事で1000円からの取引を可能にしているのです。

 

1‐2 スマホで簡単取引

One Tap BUYのメインサービスはスマホで提供されます。

スマホのアプリを使えば、口座開設から投資、引き出しまですべてのサービスを終えることができます。

3回のタップで株を買える、という手軽さが一番の魅力であり「One Tap BUY」の名前にもそれが表れています。

 

1‐3 日米有名企業の株が買える

買い付けできる株は有名企業の株や、基本的な金融商品に限っています。

米国株であればAmazonやMicrosoft、MacDonald、日本株であればトヨタ、Yahoo!ジャパン、楽天と知名度が高い有名企業に取引先を限る事で利用者が参加しやすい環境を作っています。

現物株以外では日経平均や米国株の平均が上がるか下がるかを予想する「まるごと日本株」「まるごと米国株」を提供しています。これは現物株よりももっと単純に「平均があがるかどうか」を予想するものなので、初心者にとってのハードルが低いです。

他のアプリとして一定間隔で株を買い増しする長期のユーザーを狙った「積み株」差金決済を1万円から始められる「OneTapBUY10倍CFD」といった基本的なサービスに元手があまりなくても参加できるサービスを提供しています。

 

まとめ 投資へのハードルを下げるサービス

One Tap BUYは利益や手数料よりも「手軽さ」「投資へ参加しやすい」ことを目的としたサービスです。

証券、株式、投資といったものはハードルが高くなりやすいのですが、口座の開設から買い付け、売却まで含めすべてをスマートフォンで行い、商品も有名企業や基本的なサービスに限るOne Tap BUYはそのハードルをさげ誰でも気軽に投資に参加することができる面白いサービスといえるでしょう。