2018年1月、コインチェックからNEM(ネム)が流出し被害総額は、580億円になり史上最悪となりました。コインチェック事件のハッキング犯は未だに捕まっていません。通常仮想通貨を管理する際は、ハッキングから守るためにコールドウォレットというオフラインのウォレットに管理するのが普通なのですが、コインチェックはホットウォレットで管理しておりそれが原因となりハッキング事件につながりました。
仮想通貨取引所の杜撰な仮想通貨の管理体制を問題視し、金融庁による業務改善命令が取引所各社に出され、多くの仮想通貨取引所が一旦新規口座開設受付を停止しました。
ユーザーとして、過去の事例から何を学び、どの様に対策をしていけば良いか記事にまとめました。
ビットコインウォレット:「ハードウェアウォレットはとても重要!?過去の仮想通貨盗難事件とLedgerNanoSの評価

ハードウェアウォレットで仮想通貨を保管する


仮想通貨を購入して、取引所に置いたままにしていると、ハッキングによって仮想通貨を失う可能性があります。仮想通貨盗難・流出を防ぐには、取引所に置いたままにせず、自分のウォレットに移動させる必要があります。仮想通貨ウォレットは、可能な限りインターネットに繋がっている時間を短くする必要があります。PCやスマホアプリによるウォレットは、ハッキングリスクがあるのでおすすめしません。
一番おすすめなのは、ハードウェアウォレットを使用する事です。ハードウェアウォレットは、仮想通貨がインターネットに触れる時間を最小限にする事が出来ます。仮想通貨がインターネットに触れていない状態で保存されている事を、コールドウォレットと言います。レジャーナノSやトレザーは、インターネットから遮断されて保管するだけではなく、仮想通貨の送金時にデバイスの承認ボタンを押す必要があるので、安全性が極めて高いです。

ハードウェアウォレットは正規代理店で購入すること

仮想通貨のハードウェアウォレットは、必ず正規代理店から購入しましょう。Amazonや楽天でも出品されていますが、中には正規代理店ではない業者からの出品もあります。販売者が誰かわからない状態で、ハードウェアウォレットを購入するのは絶対に止めましょう。レジャーナノSの日本の正規代理店は下記リンクの「Earth Ship」だけです。仮想通貨バブル当時は、Amazonで不当に高額な金額でレジャーナノSが販売されていましたが、正規代理店では不当な価格設定はありません。
レジャーナノSは1個12490円(税込)で販売されています。(2018/11/25公式HP閲覧)
仮想通貨取引を始めるにあたり、ハードウェアウォレットは必須です。自分の資産を安全に管理していくために、信頼できる正規代理店から購入することをおすすめします。
Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】