よく情報サイトなどではFXや仮想通貨について

 

「FXや仮想通貨はギャンブルで危ない」

「投機的な商品はリスクが高くて儲からない」

 

というような説明を目にすることがあります。

しかし、私からすると、これはずいぶんといい加減な情報だと思います。

結論から言ってFXや仮想通貨は「やり方」が決定的に重要です。

やり方次第でギャンブルからきっちりとした仕事にまで様変わりします。

 

この記事では、仮想通貨やFXに関する偏見や疑問をお持ちの方に、

正しい情報を提供するとともに「ではどうすればよいのか」ということもお伝えします。

 

最後に私自身の経験談も具体的に解説いたします。

 

1.FXや仮想通貨の失敗談を徹底検証!

まずFXや仮想通貨の失敗談を検証してみようと思います。

ネット上で「FX 大損」とか「仮想通貨 大損」と検索すると、(本当かどうかはわかりませんが)体験談が多く見つかります。

 

その中でも、特に気になったものを挙げて検証してみましょう。

 

まず、こちらは仮想通貨の失敗談です。

2017年は「仮想通貨元年」といわれ、仮想通貨の値段が大きく跳ね上がった年でしたが、2018年は反対に仮想通貨の価格が暴落。

それによって、損失を被った人は少なくないと思われます。

 

上記の「キム」さんもその1人でした。

ただ、彼女の損失が大きくなった原因はいわゆる「全力買い」をしたことにあるようです。

 

つまり、自分自身の投資できる資金を仮想通貨に全て突っ込んだのです。

しかも彼女の場合には、生活費や借金までも仮想通貨に投資していました。

 

なぜこれが良くないかというと、人間はある一定金額を超えると「金銭感覚がマヒ」するのです。

つまり「自分はこれだけ大切なお金を突っ込んでいるんだから、勝てるはず(あるいは「勝つしかない」)」と思ってしまうのです。

 

実際には、自分の思いと相場の展開は全く関係がないのですが、いわゆる「全力投資法」はそういった客観的な判断力を曇らせてしまうのです。

 

次に、FXの失敗事例を見てみましょう。

少し古いですが、有名なものです。

 

※クーリエ・ジャポン(激白! ビットコイン暴落で大損した人たちの「その後」)より

※NAVERまとめ([閲覧注意]株やFXの失敗談コピペが怖すぎる[阿鼻叫喚])より

 

ここでいう「スイ円」というのは「スイスフラン円」という通貨ペアのことです。

為替市場ではしばしば「暴騰」「暴落」といった大事件が起こります。

 

例えば2011年のスイスショックのほか、さかのぼれば2008年のリーマンショック、あるいは2015年のスイスショックや、2016年のブレグジットやフラッシュクラッシュ(いずれもポンド暴落)など、長年FXをやっていれば必ず何らかの「ショック」の被害者になるタイミングが生じます。

 

このケースで問題だったのは先ほどの例のように「家の貯金」をFXに「全力投資」していたこともありますが、おそらくレバレッジもフルに近い状態でトレードしていたのだと思われます。

 

また、損失があまりに大きくなった時に自分で損切ができず、また自動で損切をする「逆指値注文」も入れていなかったものと思われます。

 

特に(ふだんは)まじめな人に多いのですが、損失が膨らむとそれ(間違い)を認めたくないあまり、含み損がなくなるまで損切をしないということが、どうもとても心地よいことのように感じてしまうのです。

 

しかし、現物株ならまだしも、レバレッジを掛けてトレードするFXであれば、相場が明らかに逆行しているのに損切をしないのは、破滅への入り口にしかなりません。

 

※参考:そのほか為になる失敗事例

・投資の教科書:FXで失敗して1000万円以上の大損をした事例と重要な教訓

https://toushi-kyokasho.com/why-fale-fx/

・トレトラ:FXで大失敗し大損!精神崩壊した僕がどうやって立ち直ったか?

http://yukihiro.hatenablog.com/entry/2015/04/01/194135

・仮想通貨まとめNews:今日ロスカされた俺に今日仮想通貨で何があったのか教えてください

http://coinmatomesokuho.blog.jp/archives/12895431.html

 

1.1 小括~大失敗の原因はオーバートレードにあり~

FXや仮想通貨で失敗する原因には共通点があります。

 

1.ボラティリティ(変動率)に対して、レバレッジ(リスク)が大きすぎる

2.投資する資金の出所が余裕資金ではないため、精神的な余裕を失っている

 

とりわけ1は「オーバートレード」といって、資金管理的にもメンタル管理的にも非常に好ましくないトレードとして認識されています。

オーバートレードをしてしまうと、人間はその生まれ持った性質から「コツコツドカン」のトレードをしやすくなるといわれています。

 

つまり、とっているリスクが大きいですから「なるべく早く利益(安全)を確保したい」という思いから、利益確定は早くなります。

 

一方で、相場が不利な方向に振れると「この損失は許容できない」ということで、じりじりと引っ張ってしまい、結局強制ロスカットかそれに近いところまでいってしまい、1回の損失ですべての資金を吹き飛ばしてしまうこともあるのです。

 

 

また1の要因ですらそういう非合理的なトレードにつながるのですから、それに2の要因が加わると目も当てられません。

しかもそれで偶然勝ってしまっても、癖になってしまうため、結局負けて大損する(または借金を背負う)までやってしまうので、結局のところ1や2は「痛い目にあう」まで止まらないのかもしれません。

 

その意味では、(できれば経験はしたくないけれども)「誰もが通りうる道」だといえるのかもしれません。

※実際私も、こういうことを経験したのですがそれは最後の項目で触れます。

 

2.レバレッジの正しい意味

FXや仮想通貨FXなどでは「レバレッジ」というものを使用します。

「レバレッジ」はてこにたとえられることは広く知られ、口座資金の何倍もの大きなトレードができるということから、一般に「レバレッジ=破滅を誘う悪」だと認識されていることもあります。

 

しかし、レバレッジという言葉の意味を正しく把握しているのかどうか、怪しい書き込みもありますので、ここではレバレッジについて具体的に解説します。

 

2.1 実効レバレッジとは?最大レバレッジとの違い

レバレッジは2種類あります。

1つは「実効レバレッジ」であり、もう1つは「最大レバレッジ」です。

 

このうち「国内業者はレバレッジ25倍」とか「海外業者はレバレッジ数百倍」だといわれるときのレバレッジは、後者の「最大レバレッジ」を意味します。

 

しかし、実際FXや仮想通貨FXをやっている場合には、別にポジションをとれる最大までリスクをとる必要はないということは、言うまでもありません。

 

例えば、レバレッジ25倍であれば30万円あると、およそ6万通貨程度までのトレードができますが、別に6万通貨のトレードをしなければならないというわけではなく、1万通貨や2万通貨だけポジションをとっても何も問題はありません。

 

もし6万通貨でレバレッジが25倍であれば、1万通貨の場合にはレバレッジは6分の1、つまり4倍程度です。

この自分が取ったポジションに対する、実質的なレバレッジのことを「実効レバレッジ」といいます。

 

実効レバレッジ=最大レバレッジという状態は確かに危険ですが、実効レバレッジを低く抑えていれば、最大レバレッジは別に高くてもよい、または高いほうがよいとすらいえます。

 

2.2 ハイレバレッジのほうがかえって安全だということも?

海外FXの最大手であるXMのウェビナーでは「レバレッジが高い=危険」は大嘘だということを解説しています。

 

それは、先ほどの「実効レバレッジ」の説明と同じです。

もちろん、数百倍のレバレッジでトレードしていればリスクは高まります。

 

しかし実効レバレッジを数十倍にとどめたり、あるいはレバレッジを高くしたりしても、損切りの設定を適切に行っていれば、トレード1回あたりの最大損失はコントロールすることが可能です。

 

また、ハイレバレッジ(最大レバレッジ)であればポジションをとるのに必要な証拠金がそれだけ少なくなるので、実効レバレッジをコントロールしていれば、下がったときに買い下がったり、上がったときに売り上がったりといったより柔軟な対応を計画的にすることができます。

 

一方でレバレッジが低い、あるいはレバレッジを掛けないと、余剰証拠金がすぐになくなってしまうので、相場が逆行した時にできることがなくなってしまいます。

したがって「レバレッジコントロールができる」という前提では、レバレッジが高いほど安全だということもできるのです。

 

3.うまくトレードするための3つの考え方

レバレッジ管理と並んで重要なのが、トレード方法です。

それは「予想が100%当たる」ということではありません。

 

ただ「現在は過去の続き」「将来は現在の続き」であることを踏まえ、これまで起こったことを客観的にとらえることがトレード手法を学ぶ目的です。

 

3.1 相場分析の方法を正しく勉強しよう

相場分析の方法は大きく分けて「テクニカル分析」「ファンダメンタル分析」の2種類があります。

 

このうち、私が重視しているのは「テクニカル分析」です。

結局トレーダーは価格をトレードするので、相場そのものである価格を分析することは欠かせないといえます。

 

以下は、ドル円の日足(2018年12月7日現在)にラインを引いてみたものです。

※Axiory MT4より

 

ラインは相場の出っ張っているところ同士を結びます。

より多くの点を通るラインであればあるほど、より強力で意識されているラインだといえます。

そしてラインの内側ではそのラインが価格のふた(下支え)をしていると考え、またラインの外側に行った(ブレイクした)場合には、その方向に力がかかる可能性を考えます。

 

テクニカル分析で重要なのは「テクニカル分析マニアにならないこと」です。

もちろん勉強は重要ですが、あくまで相場で結果を出せなければ意味がありません。

分析手法はシンプルでメジャーなものであればあるほどよく、私の場合はライン分析を最も重視しています。

 

一方で「ファンダメンタル分析」も補助的にしておかなければなりません。

重要な政治・経済イベントについてはしっかりと日程を踏まえておかなければならないのと同様、不測の事態が発生する地合いについても、要人発言などを分析しながら見極める必要があります。

 

3.1.1 お勧めの無料セミナー&ツール

特にビギナーや初心者の方は「最初は何から始めたらよいか」ということが、わからない場合がほとんどだと思われます。

 

その場合にお勧めなのは「初心者向けセミナー」に参加しながら、チャートにラインを引いたり、経済指標の発表スケジュールをチェックしたりすることです。

 

最もラインを引きやすいツールは、MT4(またはMT5)だと思われます。

また、最もメジャーな経済指標ツールはInvesting.comだと思っているので、これらのリンクを紹介します。

 

※メタトレーダー公式サイト:https://www.metatrader4.com/ja

※Investing.com経済指標:http://jp.investing.com/economic-calendar/

※FXプライムby GMOのセミナー:https://www.fxprime.com/seminar/

※XMのウェビナー:https://www.xmtrading.com/jp/webinars

 

3.2 自分の過去のトレードをしっかりと振り返ろう

過去を振り返ること、過去を検証することは、結構な苦痛を伴います。

とりわけ、自分の失敗の履歴を掘り起こすことは過去の古傷に触るので、なかなかやる気が出ません。

 

しかし、これをしないことには前進がないのも事実です。

 

なので、なるべく過去を振り返りやすい「環境」を整備することが重要です。

例えばMT5は、自分のトレードのエントリーと利益確定(損切)の位置がチャート上に表示されるようになっています。

 

なので、自分のトレードと並行してMT5のデモ口座などでポジションをとってみると、後で検証がしやすくなります。

 

また、自主的にトレード記録を付けてみることもお勧めです。

そんなに複雑なものである必要はなく、その日の大まかな相場観を「朝」「夕」「深夜」などに分けて記録しておくだけでも、後々参考になります。

 

3.3 トレンドは継続する!~順張りにうまくなれよう~

テクニカル分析の最も重要な前提は「トレンドは(基本的に)継続する」ということです。

もちろん、トレンドラインブレイクなどの事態が起こったりすればトレンドは転換するのですが、トレンドの転換は事後的にしか確認できません。

 

なので、トレーダーのできることは「相場の波に乗る」ことだけです。

もちろんトレンドの転換を予期して「逆張り」するトレーダーもいますが、私はこれから発生するトレンドを予測することは困難なので、「長期的なトレンドの押し目や戻りでエントリーする」というオーソドックスな方法を採用しています。

 

4.私の体験談~「まともなトレード」ができるようになるまで

最後に、この記事を書いている私自身の体験談を紹介します。

4.1 FXをはじめてからは大損の連続

私は大学の先生の勧めでFXを始めました。

おそらく2014年の10月末ごろだったと思います。

 

FXを始めていきなり日銀が追加緩和するなど、始めてからいきなり相場の大波に飲まれっぱなしでした。

その頃の私は典型的な「コツコツドカン」トレーダーであり、資金はどんどん減ってしまいました。

 

4.2 ついに海外FXで自己破産の危機

そして去年(2017年)ついに、海外FXでクレジットカードのショッピング枠(100万円)を使い切ってしまい、絶体絶命のピンチに陥ります。

 

弁護士に任意整理を頼みに言ったほどですが、さすがにこれほどの状況となってしまっては、私もトレードスタイルを「順張り」に改めました。

 

4.3 仮想通貨トレードで奇跡的な大勝利そして学んだこと

私に奇跡が起こったのは同年のクリスマスから翌18年の仮想通貨トレードに関して。

このとき、偶然仮想通貨のライターの仕事をはじめ、それで仮想通貨の世界を知りました。

 

ただ、私はレバレッジを掛けたトレードはこりごりだったので、現物取引の「草コイン(マイナーな仮想通貨)」に投資することにしました。

 

下が私を救ってくれた(通貨の1つである)CYDERという仮想通貨のチャート(週足)です。

※CoinExchange.io より

 

ほかにもトロンやXSTC(エクスタシー)といった通貨もトレードしました。

これらがいずれも奇跡多岐なタイミングで暴騰したため、私の元手8万円は最終的に180万円に増加しました。

 

それで、100万円(+α)の借金は2週間で完済。

再び、FXのフィールドに戻ってくることができました。

 

4.4 現在~相場予想がそれなりに当たるようになった~

2018年に入って、トレンドラインもやっとまともに引けるようになり、相場予想もある程度は当たるようになってきました。

 

※参考:私のホームページ:https://iamfxtrader.jimdo.com/

 

そして、4月には3万円をバイナリーオプションで120万円にするなど、少額のトレードでも大きな利益を時折上げられるようになりました。

※GMOクリック証券 外為オプションより

 

現在はバイナリーオプションを中心にトレードし、損切りやエントリーのポイントを試行錯誤しているところです。

2019年はこれをより発展させて、利益につなげたいところです。

 

総括

いかがだったでしょうか。

 

繰り返しになりますが、FXや仮想通貨それ自体が危ないのではありません。

危ないのは、むしろ危ないトレードをしている自分自身なのです。

 

レバレッジもうまく使えば、むしろ自分を安全にしてくれます。

重要なのは「謙虚に」少なくとも「正気に」なることであり、必要なことをちゃんとやっていればトレードもしっかりとした仕事にすることができます。

 

(文責&執筆:白井昭博)

 

【仮想通貨を始めたい方はこちら】
【FXを始めたい方はこちら】