EAとはそもそも何なのか?

EAとはExpert Advisorの略称です。アドバイザーとは「助言者」を意味する言葉ですが、FXの世界でEAとは通貨を自動売買するプログラムのことを指す言葉。FXに通じた専門家(Expert)がプログラムを構築するので、EAという名称が与えられています。EAをトレーディングソフトと組み合わせることによって、投資家が自らの判断(裁量)で行動することなく、EAのプログラムに仕込まれた戦略に沿って自動的に通貨の売買が執行されます。

インヴァスト証券 トライオートFX 口座開設
インヴァスト証券 トライオートFX 口座開設
インヴァスト証券 トライオートFX 口座開設?|?fx-on.com

FX自動売買は楽して稼げるの?

FXで投資戦略を考え、情報入手のためにネット検索をしていると「FX自動売買ソフト(EA)を利用して、短期間に大もうけした」といった類の記事に出くわしたことはありませんか。「そんな楽して稼げるはずはない」とは思いつつも、記事を読み進めるうちに気が付いたら説得されてしまっている人も。今回はそんなEAについて、そのEAのメリットとデメリットについて冷静に検討してみたいと思います。EAを利用したいけど、どのような距離感で付き合えば良いのか測りかねている方の参考になれば幸いです。EAに期待されているのは自動的なトレードを通じて結果を出すことです。結果を出す肝となるのが、自動で売買や決済を執行する際の戦略(条件)です。投資家の数だけ戦略があるように、EAもそれぞれ独自の戦略を構築。同じ「EA」として販売されていても、どのパラメーター(変数)をモニタリングし、どの程度の変動幅で行動(売り/買い)を起こすのは千差万別。同じ市場環境でも結果が大きく異なるのは、戦略が異なるためです。

EAは自分で作成できる

これまで自らの戦略をもって裁量でトレードを行ってきたFX投資家の皆さんには、色々な事情で売買のタイミングを逃した経験があるはずです。「仕事の会議で値動きをチェックできなかった」「経済指標発表のタイミングで寝落ちしてしまった」など、「タイミングさえ逃さなければもうかっていたのに」という「たら・れば」は誰にでもつきものです。人間には誰にも時間や体力などに限界があります。その限界を突破できるのがEAです。EAはプロの制作者から購入するのがスタンダート。しかし、自分で組み立てることも可能です。プログラムを作成するのに若干に知識は必要ですが、EAを組み立てるためのソフトウェアを利用すればそれほど難しい作業ではありません。「こういう市場環境になったら売る/買う」「テクニカル分析でこういう結果が出れば売る/買う」など、自らのトレードの傾向や戦略を分析。自らが着目するパラメーターさえ分かれば、それをプログラムに組み込むことで「自分の分身」としてEAを組み立てることも可能です。

EAのメリット

EAで売買のチャンスを逃さない
FXでトレードをしていると時間を忘れることがありませんか。24時間市場は動いていますので、常に価格は変動しています。気にしないでおこうと思っても、自分の狙い通りに価格が変化しているか気になるのは仕方ありませんね。特に米国の経済指標が発表される前後や、国際会議が開かれる時などは値動きも激しく。緊急事態に対応するために、チャートの前に張り付けになることも少なくありません。しかし、専業トレーダーでない限り、ずっと値動きを監視しているわけにはいけません。本業の仕事や大事な会議などでオフラインになった時に限って、売買のチャンスは訪れるもの。手動でトレードを行う限り、兼業トレーダーは物理的にチャンスを逃すことは十分にありえます。また、専業トレーダーであっても、売買のチャンスを逃すことはありえます。人間の体力には限界があり、起きっぱなしでいるわけにはいきません。食事やトイレの時間も必要でしょう。どのようなタイミングでも売買のチャンスを逃したくない人にとって、24時間プログラム通りに売買を繰り返すEAは非常に有用なツールと言えるでしょう。

EAは感情を無視した取引が行える

裁量トレードの場合、ほとんどの投資家は自らの見通しに基づいてルールを設定しているもの。全知全能の神様でもない人間が感情のまま勘だけを頼りにトレードするのは危険極まりありません。投資家はみな「ここまで上がったら買おう」「何%下がったら損切りしよう」など決めごとをして取引を行っています。しかし、どんな人間にも欲や感情、期待から逃れることはできません。いくら自分なりのルールを作っていても「もう少し上がるかもしれない」「まだ下がるかもしれない」といった感情に支配され、ルール通りに行動できないことは少なくありません。その点、EAにはそういった感情の入り込む余地は一切ありません。楽観的に取引を行うこともなければ、パニックに陥ることもありません。ずるずる決断を先延ばしにするようなことも一切なし。決められたプログラム通りにトレードが執行されるので、当初の予定通りの取引が実現します。こうした感情を度外視した取引が執行できる点にEAのメリットを見出すことができます。

EAでプロのロジックが手に入る

FXで本気で勝負したいなら、市場の動きを徹底的に、テクニカルに分析すべきです。しかし、FXや市場についてテクニカルに分析すると言っても、その方法は様々。読み切れないほど多種多様なFX関連書籍がちまたにはあふれています。中学校や高校の教科書のように正解がないのがこの世界の難しさであり、面白さであるところ。裏を返せば「この方法を採用すれば100%勝てる」という方法がないのがFXの世界なのです。投資家は様々な手法の中から自分に合った、自分で納得できる方法を選び取り、自分なりのトレードスタイルを組み立てていきます。しかし、全ての投資家にそのような勉強時間がないのも事実。また、FX関連書籍の中には難解なものもあり、理解するのにも時間がかかります。習うより慣れろとばかりに勉強せずに、何も武器をもたずに飛び込むのは自殺行為。百戦錬磨の投資家たちのえじきになります。その点、EAにはプロの知識がプログラムという形で詰め込まれています。技術や知識を勉強するための時間を省略したいという方にとって、EAという武器を購入するのも一つの手段なのかもしれません。

EAのデメリット

EAでは相場を見る目が育たない
EAは確かに便利です。トレーダーが何年もかけて勉強してきた投資の秘けつがプログラムとして結実しているからです。EAを購入すればその勉強の時間や努力を節約することができます。また、EAは設定さえすれば後は放置するだけでOK。常時マーケットの値動きを監視していなくても、EAが自動で売買を執行してくれます。しかし、この世の中にメリットだけのものはありません。必ずトレードオフがあり、得ているものの一方で失っているものがあります。EAの場合、手放すものはお金(EAの購入代金)と相場を見る目です。特に後者の喪失は投資家である貴方にとって致命的です。仮にEAが不調で含み損がどんどん膨らんだとしましょう。「だまされた」と思うのは勝手ですが、何をどうだまされたかを貴方は説明できないはずです。FXやテクニカル分析に関する勉強を省略した貴方にとって、その理由が理解できないからです。その損失が一時的なものなのか、今後拡大し続けるものなのか、ポジションを解消すべきなのか維持すべきなのかが判断できないのです。たいていは含み損が堪えきれないレベルに達して、EAの運用を停止することになるでしょう。

EAのテストはあくまでもテスト

経済や政治など社会科学は「実験のできない学問」です。自然科学のように研究室で同一条件を整えて再現実験ができる学問とは異なり、経済・政治は常に変化しており、全く同一の環境を再現するのは不可能です。EAのパフォーマンスを評価する手法として「バックテスト」「フォワードテスト」があります。バックテストは過去のFX取引にEAを利用していたら、どれだけの損益が発生したのかをシミュレーションすることを指します。一方、フォワードテストは現在の市場においてリアルタイムにEAを稼働させたら、どれだけの損益が発生するのかをシミュレーションするものです。バックテストは過去の市場環境にEAを当てはめるものなので、「後出しジャンケン」をすることが可能です。別の言い方をすればEAが最も能力を発揮する環境を選択し、その結果を誇示することにバックテストは利用できます。だからといってフォワードテストが優れているわけでもありません。リアルタイムの市場は、貴方がEAを使用する将来において二度と再現されることのない市場だからです。テストはあくまでもテストであり、いかなるテストも貴方の将来を約束するものではないのです。これはEA選びにおいて「絶対的な正解が存在しない」ことを意味しています。

EAには得意・不得意がある

EAはプログラムであるため、「プログラムが想定している相場」に直面した場合その効果を発揮します。その「相場」が繰り返し出現すれば、あるいは一定のトレンドを形成すればするほどその効果は大きくなる性格を有します。しかし、その想定から外れた場合はどうなるでしょうか。上昇トレンドに強いEAが下降トレンドやレンジ相場に直面した場合、プログラムの想定から外れているため、その効果を十分に発揮することはできません。そもそもレンジ相場一つとっても「四角形」の場合もあれば「逆三角形」「ひし形」の場合だってあります。どの相場であっても柔軟に対応できるEAというものは、プログラムの性質上存在しないと言っても過言ではないでしょう。相場の状況に合わせてEAを自動的に組み替えてくれるサービスもあるようです。レンジ相場にはA、下降トレンドにはBなど適用するEAを組み替えてくれるサービスで、これを利用すればいつでも勝ち続けるように思えるかもしれません。しかし、相場は「生き物」。今までにない変化を見せることがあります。アジア通貨危機やリーマンショック、ギリシャ危機から米中貿易戦争の激化まで、市場は常に今までにない変化に直面し続けます。そうした相場の急変時に対応できるEAはありません。

EAとの付き合い方

自分でEAを作る

EAのメリット・デメリットを考察してきました。EAは絶対的な勝利をもたらすものではなく、使い方を一歩間違えれば大きな「損失」をもたらします。もしどうしてもEAを使いたいなら、自分に「得する」付き合い方を考えましょう。EAは製品として販売されており、数万円から数十万円のものまで様々です。完全にブラックボックスになっているものもあれば、パラメーターが公開されているものまであります。しかし、EAは購入しなければ手に入らないものではありません。EAは自作できるのです。FXのトレードを経験していく中で、投資家の皆さんは自分なりのトレードスタイルを確立しているはず。そのスタイルを時間や体力の限界を超えて貫きたいなら、自分の分身としてEAを構築してはどうでしょうか。自分の頭の中だけに存在する投資戦略をEAのプログラムという形で具現化するのです。もちろん自分の分身であってもEAに全資産を託すようなことはやめましょう。大切なのは資産の一部をEAに託しながら、その運用結果を観察し、考察することです。自分の戦略が適さない相場を見つけたり、軽視してきたパラメーターが見つかったりするかもしれません。あくまでもEAを自分の投資戦略を見直す手段として活用するのです。

EAとは完全に距離を置く

EAを自分で構築するのは面倒だと感じるような方やEAを「自動で大もうけさせてくれる手段」としてしか捉えられないような方は、EAから距離を置くべきです。もちろん人間はラクをしたがる生き物。その「ラクをしよう」とする姿勢が多くの技術革新や自動化技術の発展と生産性の向上をもたらしてきたのも事実です。しかし、ことFX投資に関して言えば「ラクをしよう」とする姿勢は失敗につながります。ちまたには「EAで短期間にラクしてもうけた」という話に事欠きませんしかし、冷静に考えてみて下さい。市場においては誰かのもうけは、誰かの損失によって支えられています。自らのもうけを大きくしようとすれば、誰かの損失が大きくならないといけないのです。もし貴方が「100%勝てるEA」を作成できたとしましょう。貴方はどのように行動するのが合理的でしょうか。EAでもうけたお金をそのまま再投資し、投資金額をひたすら膨らませ続けることです。決して「100%勝てるEA」を他者に販売したり、その販売にコストをかけたりすることではないはずです。もし「勝てる時もあるけど、勝てない時もあるEA」が完成したらどうでしょう。裁量トレードと大して変わらない勝率のEAであれば、自分の全資産をつぎ込み、それを自ら利用しませんよね。EAの良い部分だけをバックテストで強調(あるいは誇張)し、それを他者に販売することによってもうけを得ようとするのではないでしょうか。ネット上にころがっている全てのEAとは言わずとも、多くのEAがその種のプログラムだと考えるべきでしょう。

まとめ

今回はFX自動売買ソフト(EA)のメリットとデメリットについて検討してきました。EAには売買の機会を逃さず、感情に流されない取引が行え、努力しないでプロのロジックが手に入るというメリットがあることを指摘しました。その反面、EA任せにすることでトレーダーとしての能力は育たず、トレードの成功は約束されておらず、場合によっては大損をする可能性があることを確認しました。リスクを負わなければリターンを得られないのは投資の常識。しかし、そのリスクを他人(EA)任せにするのはあまりに危険です。EAを自分で組み立てるのは勉強になるでしょうが、楽してもうける手段などこの世には存在しないことを改めて肝に銘じておきましょう。

インヴァスト証券 トライオートFX 口座開設
インヴァスト証券 トライオートFX 口座開設
インヴァスト証券 トライオートFX 口座開設?|?fx-on.com