FXの始め方は、銀行の口座開設に似ている一面があります。預金口座を持つためには、銀行で申し込みする事になるでしょう。身分証なども提示した上で、口座開設の手続きを踏むのが一般的です。ここでは20代から30代の方々に向けて、FXのやり方や始め方について解説していますので、参考にして下さい。

口座開設の大まかな流れ

まず銀行の口座開設ですが、基本的には店舗窓口に行く事になるでしょう。窓口で銀行の担当者に声をかけた上で、手続きを踏む事になります。その際窓口で身分証などを提示した上で、所定の書類に記入する事になるのです。そして簡単な審査が行われますが、それが完了すれば口座を開設する事ができます。
FXも、ほぼ同じではあります。ただし証券会社などの窓口に行くのではなく、web完結で手続きを進める事になるのです。FX業者の公式サイトにアクセスして、フォームに入力します。そしてデータを送信すれば、業者による審査が行われた上で、口座開設が完了する訳です。

まずデモ口座を始めるのがおすすめ

しかし最初からFXの口座を開設するのも、少々ハードルが高く感じられる事もあるでしょう。その場合、まずデモ口座から始めてみるのがおすすめです。
デモ口座とは、いわゆるお試しサービスになります。仮想のお金を動かす事になり、実際のお金は入金しません。仮想マネーが50万円や100万円など入金された状態で、仮想の取引を行う事になるのです。
ですからデモ口座で取引したところで、実際のお金が動く事はありません。仮想のマネーは動くものの、実際のお金は一切動きませんから、実質的にはノーリスクで取引できます。もちろん利益が発生する事もありません。
そのデモ口座のメリットですが、FX業者の取引システムを実際に触れてみる事ができます。どのようなシステムで取引するかが具体的に分かります。
取引に関するシステムは、実は業者の公式サイトでも、ある程度把握する事は可能です。しかし公式サイトだけでは、少々分かりづらく感じられる事もあるでしょう。
その点デモ口座であれば、実際の取引画面に触れてみる事もできますから、とても便利です。まずはデモ口座でスタートしてみると良いでしょう。

デモ口座の始め方

ではデモ口座を始めるにはどうすれば良いかというと、まずFX業者の公式サイトにアクセスします。するとサイトのどこかにデモ口座の申し込みフォームがありますから、クリックします。そしてフォームにメールアドレスなどの情報を入力し、業者にデータを送信する訳です。
しばらく時間が経過すると、入力したアドレスにメールが送られてきます。大抵はデモ取引をスタートする為のURLが書かれていますから、それをクリックします。そしてパスワードなどを入力すれば、ドル円などでデモ取引を開始できるのです。
このデモ口座をスタートするのは、それほど時間はかかりません。それこそ数十分程度で取引を開始できます。まずはそのデモ口座で、色々な箇所に触れてみると良いでしょう。

口座開設用のフォームに入力

それで上述のデモ口座で取引システムをある程度理解した後は、実際の口座を作ってみるのが良いでしょう。では、どうやって口座を作るかと言うと、それも公式サイトです。公式サイトを細かく見てみれば、必ずどこかに口座開設のボタンがあります。それをクリックすると、デモ口座のような入力フォームが表示されるのです。
ただしデモ口座と決定的に違う点が1つあって、入力項目がとても多いです。住所や勤務先などの情報も入力します。
入力する際に気をつけるべきなのは、誤りがないか否かです。入力内容に誤りがあると、後述の審査に落とされてしまう可能性があります。必ず正しいデータを入力する必要があります。
特に入力ミスが多いのは、数字です。住所の数字を1つ間違えていれば、口座開設の手続きが遅れてしまいます。
そしてフォームに情報を全て入力したら、間違いが無いかどうかを目視確認します。間違いなければ、FX業者にデータを送信するのです。

FX業者への書類提出

フォームに一通り入力する際には、FX業者に書類も送付する事になります。銀行の口座開設と同じく、公的機関から発行されている書類を送付するのです。いわゆる免許証やパスポートなどです。
ちなみに海外の業者で口座開設をする場合、住所証明書が必要な事もあります。状況料金の明細書などを、別途で送付する事になるのです。
なお書類の送付方法には複数あります。郵送やFAXなどの方法がありますが、一番無難なのは画像データです。スマホやデジカメなどで身分証明の写真撮影を行い、まず画像データを作成します。そして業者にメールやアップロード用フォームで送信すれば、書類送付は完了です。
上述の郵送などの手段ですと、どうしても時間がかかってしまいます。早めに手続きを済ませたいなら、やはりwebが一番良いでしょう。

FX業者による審査とその基準

書類を送ると、FX業者による審査が行われます。その審査に通れば、問題なく口座開設する事ができます。
その審査の基準には複数あって、投資経験や金融資産などが確認されのです。何よりも大切なのは、リスクの理解度です。FXはノーリスクの商品と思い込んでいると、たいてい審査落ちになってしまいます。リスクを理解しておかない事には、審査に落とされやすくなりますから、注意が必要です。

パスワード送付とログイン

そして審査が完了すると、FX業者からパスワードとIDが送付されるのです。国内業者の場合は、たいてい郵送でパスワードなどが送付されます。色々セキュリティーの兼ね合いがあり、あえて郵送にしている訳です。ですが海外業者の場合は、メールでパスワードなどを送ってくれます。
IDとパスワードが届いたら、FX業者の公式サイトにアクセスし、ログイン用のページを開きます。そしてパスワードなどを入力して、所定のボタンをクリックすればログインできるのです。

口座に入金して取引をスタート

そして実際の取引を始める為には、FX業者の口座に入金する必要があります。入金方法も複数あって、銀行振り込みやweb入金などがあります。
基本的には、後者のWEB入金がおすすめです。インターネットバンキングであれば手数料も無料になりますし、24時間いつでも入金できます。銀行振り込みですと、どうしても手数料がかかってしまいますし、入金が完了するのに時間がかかるのです。
そして口座に入金されたら、そのお金を動かしていく事になります。

WEB以外の手段で開設する事も可能

ちなみに上記の他にも、口座開設をする手段は複数あります。一部の業者が、紙媒体で申し込みする事も可能なのです。
というのもFX業者によっては、資料請求のシステムがあります。そのシステムに住所情報などを入力して、データを送信すれば資料を送ってくれるのです。その資料には申込書も同封されていますから、FX業者に返送すれば口座開設できます。
また証券会社によっては、実店舗で口座開設の手続きを踏む事も可能です。現にある証券会社の場合は、実店舗の窓口にて証明書などを提出すれば、その場で口座開設を済ませる事もできます。
ですから口座開設の方法は複数ありますが、基本的にはWEBが一番おすすめです。郵送などの手段と比べると、口座開設が完了するのも比較的スピーディーです。

まとめ

全体的に口座開設の手続きは、とてもシンプルです。申し込み用のフォームに情報を入力するだけですから、特に難しいことはありません。申し込み用の身分証だけ準備しておけば、スムーズに口座を開設できます。

セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com