FXには「上手くいけば大きな利益を出すことができる」「損失リスクが大きい」など、漠然とした一般的なイメージがあります。
レバレッジによって、投資資金よりも大きな額で取引が可能であることが、こういったイメージにつながっていると考えられます。
取引額や取引ルール、取引の際のメンタルなどをしっかり自分の中で確立していくことで、リスクを最小限に抑え、副業として有効利用できる可能性もあります。そのためにまず大切なのは、適切なFX取引業者の選び方です。

セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com

FX業者の選び方

FX取引を行うためには取引業者に口座開設が必要ですが、取引業者の数は実に多く、どの業者に口座開設すればいいか迷うこともあるでしょう。
それぞれの業者で独自の特徴があり、取引画面にも違いがあります。
口座開設する上で意識しておきたいことは、FX業者の特徴として、各業者が独自のキャッシュバックを行っていることです。
キャッシュバックとは、口座開設をして取引をすれば、お金がもらえるという特典です。
口座開設時のキャッシュバックもあれば、取引の中でキャッシュバックを行っている場合もあります。
FX取引業者のキャッシュバックは高額で、その額を比較して口座開設する業者を選ぶのも一つの方法です。
特に有効なのは、ポイントサイトを通じてFX業者に口座開設をすることです。
口座開設後に、各業者が条件提示した取引数量をこなせば、そのポイントサイトで多くのポイントがつきます。
直接口座開設するよりも、さらに多くのキャッシュバックが受け取れる可能性があります。
ポイントサイトを通じて口座開設をした場合は、ポイントサイトでポイントがつくことがキャッシュバックとなります。
直接業者のサイトから口座開設をした場合は、後日口座に入金という形でキャッシュバックを受けることになります。
受け取り方が違うだけで、キャッシュバックされることに変わりはありません。
但し、ポイントサイトを通じて口座開設をした場合は、自社サイトから直接口座開設した時のキャッシュバック対象からは外れることが多いです。
キャッシュバックの二重取りというわけにはいかないことがほとんどです。
中には口座開設のみでキャッシュバックを受けられる場合もありますが、ほとんどのケースは口座開設後の取引がその条件になっています。
取引条件のハードルが高い業者もあれば、低い業者もあります。
少ない取引量でキャッシュバックが受け取れる業者を選ぶ方が、簡単に達成できるため適切です。

スプレッド(手数料)

適切なFX取引業者を選ぶための条件は、もちろんキャッシュバックだけではありません。
その業者が提供する取引サービス全般を比較することが大切です。
その際に最も意識しておくべき部分として、「スプレッド」があります。
FX取引業者はサービスを提供する代わりに、もちろん自社で利益を出す必要があります。
その利益になるのが、スプレッドです。
スプレッドは売値と買値の差のことを意味し、取引時点ではその差の分がマイナスになってスタートします。
取引自体の手数料は無料でも、実質としては毎回の取引でこのスプレッド分を手数料として支払っていることになります。
そこで取引業者を選ぶ場合は、できるだけスプレッドの狭い業者を選ぶのが適切です。
最も狭いスプレッドとしては、0.27銭や0.3銭の業者があります。
このような狭いスプレッドで原則固定の業者を選ぶことが有効です。
一方で、1.0銭や2.0銭などのような広いスプレッドの業者もあります。
取引を開始した時に、できるだけマイナス分が少ない状態で始めた方が得なのは言うまでもありません。
取引を何度も繰り返すのであれば、その度ごとにスプレッド分の実質的手数料がかかってくるため、総額では大きな額になります。
注意点としては、同じ業者でも通貨ペアによってスプレッドに違いがあるということです。
ドル円のペアは、最も多くの人が利用している基本の通貨ペアであるため、スプレッドを狭くしている業者も多いです。
しかし参加者が少ないマイナーな通貨ペアであれば、スプレッド大きくしている場合があります。
経験豊富な人もそうですが、特に初心者はリスクを抑える意味からもドル円の通貨ペアで取引をすることが適切です。
ドル円は相場的にも安定しており、価格変動の差が低い通貨ペアです。
もちろん、大きな出来事によって急激に価格変動が起こる可能性のあるのはドル円の通貨ペアも例外ではありませんが、他の通貨ペアに比べればそのリスクを抑えることができます。
短時間で相場が大きく変動するような通貨ペアはリスクが極めて高いため、注意が必要です。
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com

口座開設の流れ

FX取引業者の口座開設は、特に難しいことはなく簡単に行うことができます。
口座開設の画面から必要事項を記入し、本人確認書類などを提出すれば完了です。
必要書類も画像でアップロードすれば、さらに短い時間で口座開設が可能になります。
口座開設の審査に通過すれば、業者からログインIDなどが記載された書面が送られてきます。
審査基準も厳しくないため、基本的にはどんな人でも口座開設が可能です。
但し、業者によっては、年収などで一定の基準を設けている場合があります。
その場合は、基準に満たない人は口座開設ができないこともありますが、決してハードルが高いわけではないためあまり気にする必要はないでしょう。

初心者のFX取引はどうしたら良いか

FX取引を安全に行うためには、特に最初のうちは少ない金額で取引する方が適切です。
FX業者では、最低取引量を1万通貨に設定している場合が多いです。
しかし中には、1000通貨から取引可能な業者もあります。
1000通貨の取引であれば、それだけ証拠金が少なくて済みます。
少ない証拠金であれば、損失を出してもそこまでの額にはならないため、安心感を持った取引が可能です。
儲けたいという気持ちが先走って多額の証拠金を投入してしまうことがありますが、資産を守るということを念頭に置きながら取引を進めることが大切です。
また、各業者では実際にお金をかけずに練習としてデモトレードが行える機能を備えています。
デモトレードで取引に慣れることができるため、実際の取引でも操作ミスなどを防ぐことができます。
こういった便利な機能を使って勉強してから、実際の取引に臨む方が効果的です。
取引時間帯についても意識が大切です。
FXはどんな時間帯でも取引が可能ですが、ニューヨーク市場やロンドン市場は相場の変動が大きくなる時間帯です。
FX取引に慣れた熟練者なら流動性が高いためいいのですが、初心者はこのような時間帯に取引するのはリスクが大きくなり、できるだけ避けた方が無難です。
なお、FX業者は入金や出金の手数料を無料にしているケースがほとんどです。
したがって、その部分に関しては手数料を気にする必要はなく、自由に出入金が可能です。

まとめ

FX取引においては、メンタル面も非常に重要です。
どのような取引でも全てに勝つことは不可能で、いくら順調に進んだとしても必ず負ける時があります。
その時に、負けを認めることができずにポジションを持ち続けて、その結果損失を増大してしまうケースが多いです。
自分なりの取引ルールを決め、損失を確定するロスカット(損切り)を設定することが大切です。
各取引業者では、証拠金の維持率が一定額を下回った時に強制決済するシステムを導入しています。
このことにより証拠金を大幅に失ってしまうことを防いでいます。
但し、相場が急激に変動して強制決済が追いつかなくなるような事態も考慮しておく必要はあります。
業者が定める強制決済の基準よりも厳格な基準を自分自身で設定しておくことが、リスク回避につながります。
ロスカットラインを自分でしっかり決めることは非常に重要であり、安心して取引をするためにもぜひ意識しておきたい部分です。

セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com