FXで利益を上げる手法には一般的に二つあります。それは「テクニカル」と「ファンダメンタル」です。

インヴァスト証券 トライオートETF 口座開設
インヴァスト証券 トライオートETF 口座開設
インヴァスト証券 トライオートETF 口座開設?|?fx-on.com

トレードで勝つための手法であるテクニカルとファンダメンタル

FXに限らず、一般的に投資とは、自分の株式や通貨などを、買った価格よりも高い価格で売らなければ意味がありません。即ち、時間の経過に伴った相場価格の上がり下がりを分析することが肝要です。FXで具体的にたとえるなら、自分の買った通貨の価値が今後上がるのか?下がるのか?また、「どれくらい」上がるのか?下がるのか?「いつまで」上がるのか?下がるのか?ということを知らなければいけないという事です。つまり。未来の値動きを予測することが必要ですが、それを完璧にできる手法はこの世に存在しません。
しかし世界中の有名投資家や経済学者が長年に渡り研究した結果、二つの手法がおおむね将来の価格の予測に有効であると示されました。それが「テクニカル」と「ファンダメンタル」です。

FXではテクニカル分析が主流

テクニカルとは、過去のチャートを調べて通貨の値動きのパターンを分析し、未来の値動きを予測することです。あらゆるマーケットは、長期的な視点で言えば経済全体の状況に左右されます。しかし短期的視点で捉えれば、そういった経済全体に無関係で、かつ特徴的な動きが見いだせるのです。確かにそこにはランダムな動きが多く含まれています。しかし単なるコイン投げとは違い、完全にランダムではありません。チャート自体に何らかの傾向や決まったパターンが存在し、そのことはチャートの形やグラフ、各種図表、数学的理論で表せば、ギャンブルではなく確実に将来の値動きを予測できるはずだ、というのがテクニカル分析の基本的な思想です。この手法を使う場合、世界経済の先行き・中央銀行などの通貨政策等、マクロな経済ニュースや経済に関する時事知識は必要ありません。このためそういったマクロの影響を受けにくい、主に数分から数日レベルの短期間の取引で使われる手法です。株式のデイ・トレーダーの間でよく知られた手法ですが、FXでは短期取引がメインとなるので、テクニカル分析はFXの代表的手法になりうると言えましょう。
テクニカル分析はだいたい二つの手法に分類されます、一つ目は一定のライン・範囲・数値などを設定して、チャートがそのラインを超えたり、決まった範囲・数値を抜け出したりした時に売買のタイミングとする手法です。二つ目は、チャートの形そのものを過去の分析からパターン化して抽出し、次にそのパターンが出たときに売買のタイミングとする手法とに分かれていると言えます。前者の代表的な手法として、トレンドライン、移動平均線、一目均衡表・MACDなどが非常に有名で、多くの証券会社のFXツールに組み込まれています。後者の手法の代表としては、三尊天井・逆三尊というのがあります。こちらはFX関連のニュースサイトや有名投資家のブログで、日々の値動きの概説と共に記されている場合があります。一般的には前者も後者も組み合わせ、さらにおのおの複数の分析手法を取り入れた上で総合的に判断するのが主流です。
テクニカル分析のための手法は何百通りもあり、しかも日々新しい分析手法が生まれています。そのため初心者のみならず経験者までも膨大な手法に振り回されて混乱してしまうことがしばしばです。またチャートは常に新しい展開を見せるため、その時その時で有効な手法が頻繁に代わってしまいます。ですが初心者は、上に書いたような有名な分析手法をしっかり研究して、自分の血肉にすることがまず大事です。これらの手法は長年の実績と大勢の利用者というブランドを持つ確固たる分析手法です。その上でその他の様々なテクニカル分析を試していき、確実に利益を得られる自分だけの手法を身につけるのが最終目標と言えましょう。

ファンダメンタルが有効な場面は少ない

ファンダメンタルは、通貨取引においては通貨政策や世界経済の情勢を考えた上での値動きを探る手法で、数ヶ月や数年にわたる長期的な通貨の値動きを予測するために使います。各国の中央銀行の金融政策・貿易収支・GDP・雇用情勢・インフレの度合い・政治問題・国内情勢・外交情勢などがそのパラメータとしてあげられます。特に産油国の近くで有事が起こると、頻繁に通貨が大きく動いたりする影響が出ます。
ファンダメンタル分析は、一般的に数ヶ月や数年単位といった長期的な通貨の値動きを知る手法です。それゆえ巨額な国際取引を長期間継続して行う銀行・商社や、通貨の価値の変動が経済面で影響をもたらす国家全体にとっては、まさに重要でしょう。ですが、個人で行うFXは短期的な売り買いを前提としているため、一般的にほぼ無関係です。例えば、そういった長期の値動きを待ってポジションを保持し、数ヶ月・数年単位で利益を上げるといった事はFXでは向いていないのです。ファンダメンタルは外貨預金など、トレーダーらしい頻繁な取引を前提としない資産形成に最適と言えましょう。
しかし、ファンダメンタルがFXで重要になる場面もあります。それは「指標発表」の時です。米国雇用統計などの指標が発表される時には、世界中の銀行や大手投資家が一斉に通貨を売り買いします。その際にはごく短時間の間だけ急激なチャートの上下動が起こり、たった1秒で1円以上もの円安・円高になる事があります。この時のチャートを見ると、ほとんど値動きのない水平の動きから、何の前触れもなく突如針のような巨大な動きに変化します。ゆえにあらゆるテクニカルは通用しません。こういう時は、あらかじめポジションを全て解消して取引から手を引かないと、大きな損を抱えてしまうことがあります。
そしてこれを利用して、指標の結果をあらかじめ予想して売買し大きく利益を上げるのがFXのファンダメンタルを使った手法です。例えば米国雇用統計が良かった場合、一般的にはUSD/JPY通貨のレートが一瞬円安ドル高に過剰に激しく動きます。その時指標発表直前にあらかじめドルに「買い」を選んでおき、指標発表後にレートが落ち着く前に即座に売るという方法が考えられます。これに成功すればたった一度の取引で莫大な利益を得られるため、FXのネットコミュニティでは指標発表のたびにお祭り騒ぎになります。ですが実際はギャンブルに近い超上級者向けの手法で、逆に一瞬で莫大な損を抱えることもある非常に危険な手法です。また「織り込み済み」と言われるリスクもあります。指標が銀行や大手投資家といったマーケットを動かす旗手の予想通りで、せっかく売買にトライしたのに値がまったく動かないことです。
一般的にファンダメンタルがFXで利益を上げるのに重要になる場面は少なく、指標発表の他には突発的な有事や大災害の発生などが挙げられます。つまりチャンスが少ない割にテクニカルより大きなリスクが伴うことがほとんどです。しかしある意味、ファンダメンタルの知識は、テクニカルを使う上でも「取引を中止して危険を回避するため」として、絶対に必須の知識でしょう。

初心者が過ちを犯しやすいケース

それは主に、テクニカルとファンダメンタルをごっちゃにするということです。例えばテクニカルで取引していると決めてUSD/JPY通貨をドル「買い」にします。その後、円高ドル安に振れやすいようなニュースが流れます。そのニュースはせいぜい長期的なトレンドに影響するだけの内容ですが、記事中で「円高ドル安」と何度も出ているため、現在のテクニカルで見れば逆に円安ドル高(買い)確実なのに、不安感に煽られてついつい「売り」をクリックしてしまうという失敗です。テクニカルで取引すると決めたら、基本的にはファンダメンタルは無視しましょう。

FXはテクニカルがメイン、ファンダメンタルはサブ

FXは短期間で終わる取引に向いています。そのためにはテクニカル分析が重要なツールになり、経済的な知識はあまりいりません。ファンダメンタルを使った分析は、経済的な知識を必要としますが、FXの場合は指標発表の時といった特殊な場合に限られます。

インヴァスト証券 トライオートETF 口座開設
インヴァスト証券 トライオートETF 口座開設
インヴァスト証券 トライオートETF 口座開設?|?fx-on.com