BTC(ビットコイン)は、世界最初の仮想通貨であり、全ての仮想通貨の中の基軸通貨として重要な位置を占めています。
BTCの価格がどのように変動するかによって、それ以外の通貨も大きな影響を受けます。
BTCを購入している投資家は当然として、それ以外のアルトコインを購入している投資家にとってもBTCの価格変動は注目すべき点です。
BTCの価格は、仮想通貨市場へ資金がどの程度流入するかによって変化します。
市場への期待が高まるほど、BTCの価格上昇の期待が持てます。
実際に2017年はBTCの価格が急騰し、世間での仮想通貨に対する注目度が飛躍的に上昇しました。
有望な投資先として、仮想通貨市場に目を向ける人も格段に増えました。
この流れを受けて、2018年の仮想通貨市場に対し強気の予想をする声が多かったのですが、結果としては逆になりました。
バブル相場は短期間で終わり、その後は徐々に価格が下落していきました。
一時的に上昇の気運が見えた時もありましたが、相場の下落傾向に歯止めをかけることができず、それがいっそうのネガティブな状況を生み出しました。
BTCや仮想通貨に対する期待値が大きく下がり、市場への資金流入も下落しました。
あまりにも下落幅が大きかったため、仮想通貨市場の将来性そのものに対する悲観的な声が強くなりました。
しかし、2017年の高騰は実態以上のバブルであり、適正価格に戻ったという見方をする人もいます。
価格が下落したとはいえ、過去のBTCの価格で比較すれば大幅に高騰しているため、将来に向けてBTCが再び価格の高騰を見せるのではないかという期待を持つ人もいます。
仮想通貨市場が安定しない理由は、市場自体が未熟であり、仮想通貨に投資することを躊躇している投資家が多いという点にあります。
市場規模が小さいため、多額の資金を動かせる投資ファンドのような大口投資家の売買状況で価格が大きく変動するリスクがあると考えられています。
実際的にも仮想通貨の値動きは極めて激しく、値動きの幅やそれが短期間で起こるなど、法定通貨では想像できないほどの極端な価格変動があります。
一旦上昇しているように見えても、短時間で大きく下落することがあり、そのような不安定さが投資のしにくさの要因の一つになっていると思われます。
今後は仮想通貨市場が整備され、法定通貨の市場のような信頼性を高めることができるかがポイントです。
法的な面からも市場は徐々に整備されており、安定性が高まっていくものと考えられます。
価格が上昇するためには、大口投資家はもちろんのこと、多くの個人投資家の参入が必要です。
世界には多数の仮想通貨取引所があり、日本国内でも多くの取引所があり、BTCを始め多くの通貨の取引が可能です。
しかし、多くの取引所は仮想通貨の取引に対して様々な手数料がかかるため、特に小口の投資家にとっては利用しにくい面もあります。
仮想通貨取引所を選ぶ場合には、それぞれの取引所の手数料を比較検討することが、効率的な投資のために必要でしょう。
セキュリティ面でも、ハッキング被害などが起こっており、仮想通貨取引所に対する信頼性が十分に確立されているとは言い難い側面があります。
仮想通貨取引所自体が、多くの投資家にとって使いやすい存在になることも、市場の盛り上がりのために重要な点です。
仮想通貨取引所では、仮想通貨の購入以外にも、レバレッジをかけたFX取引もできるようになっています。
但し、法定通貨よりもはるかに値動きの激しい相場でレバレッジをかけることは非常にリスクが伴うため、その点のリスク管理も投資家はもちろんのこと、仮想通貨取引所自体も配慮する必要があります。
実際に、レバレッジの範囲を下げた取引所もあり、投資家が一定の安心感を持って市場に参加できる整備が必要になってくるでしょう。
また、ETF承認がされるかどうかも、今後のBTCの価格に大きな影響を及ぼすと考えられます。
ETFとは、上場している投資信託のことであり、証券取引所を通じて自由に売買が可能です。
BTCのETFが承認されれば取引が活発になり、多くの資金が仮想通貨市場に入ることが予想されるため、今後の市場にとって大きなプラス材料になると思われます。
2018年もこの期待で大きく盛り上がりましたが、結局承認には至らなかった背景があります。
2019年の仮想通貨市場においても、ETF承認の有無が一つの大きな鍵を握っているでしょう。
承認自体はどうなるかわかりませんが、もし承認されればまた上昇気運が盛り上がる期待が持てます。
しかし承認されなければ、落胆から相場が停滞するか、更なる下落を招く可能性を考慮する必要もあります。
仮想通貨関連のプラスのニュースや、逆にマイナスのニュースなどを意識しながら、仮想通貨の動向を考えていく必要があるでしょう。
仮想通貨市場は予想外の方向に価格が大きく揺れ動くことがあるため、投資に関してはそういったリスクをしっかり理解することが必要です。
また、海外の取引所では日本国内で取引できないような通貨の取引ができます。
しかし、国内業者ではないため、国内の法制度が適用されません。
利用する場合は、そのリスクに関しても十分に理解する必要があります。