仮想通貨取引を行う人は日本でも増え続けています。ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな通貨は日本国内の取引所で利用可能ですが、仮想通貨には多くのアルトコインがあり、それらへの投資を考えている人も多いでしょう。その場合海外の取引所を利用しなければなりません。この記事では世界最大級の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)について紹介します。

Binanceは中国発の仮想通貨取引所です。世界屈指の規模を誇り日本人の利用者も多くいます。Binanceをおすすめする点はいくつかありますが、取引手数料の安さが一つのポイントです。Binanceの取引にかかる手数料はビットコイン、アルトコインともに0.1%となっています。これは海外取引所の中でもかなり安い部類です。

またBinanceの大きな特徴は取り扱うコインの多さでしょう。常時100種類以上の仮想通貨を取り扱っており、新しい通貨を上場させるスピードもずば抜けています。怪しいアルトコインを多く扱っているのではと不安に思う人もいるかもしれませんが、ユーザー数の多さやプロダクトの実績、知名度などで厳しく審査されており、信頼性は高いといえるでしょう。

では実際にBinanceで取引をするにはどうすればいいのでしょうか。Binanceは日本円には対応していないため、国内の取引所を経由して通貨を購入しなければなりません。まず大きな流れとして国内の取引所でビットコインを購入し、Binanceにそのビットコインを入金します。その上でBinanceで購入したいアルトコインを選んでください。購入したらBinanceから国内の取引所にビットコインを送金し完了です。これはあくまで大枠の流れであり、通貨の選択、購入の画面は一見複雑ですが、基本的には日本の取引所と変わりません。多少英語に慣れれば難しくないので安心して利用してください。

Binanceはアカウント登録の画面も見やすく、スマホアプリ版も非常に高性能です。2段階認証の設定など、基本的なことを忘れなければセキュリティの問題もありません。 

この記事では海外取引所のBinanceについての基本情報を紹介してきました。Binanceは英語であることを除けば日本人にとっても非常に使いやすい取引所です。bitFlyer(ビットフライヤー)などの国内の大手取引所に慣れた人ならすぐに使いこなせるでしょう。これからはアルトコインの勢いがさらに増していくと考えられます。ビットコインなどと比べるとリスクは大きくなりますが、その分チャンスは多くなるので興味のある人はぜひ海外取引所も見てみてください。