酒田五法とは何か?

ローソク足の分析の方法の一つに【酒田五法】と呼ばれる分析方法があるのはご存知でしょうか?
この酒田五法の発祥は、名前を見るとわかるかと思いますが、
日本人が発案したもので、日本発祥なんです。
日本の江戸時代の米相場で活躍ていたと言われている「本間宗久」氏によって考案された相場の分析方法と言われています。
酒田五法の名前の由来は本間宗久氏が、現在でいうところの山形県「酒田市周辺の大地主」であったことによる「酒田市」と言った部分から「酒田五法」の名前の由来となっているため酒田五法と現代でも呼ばれているというのが定説です。
簡単にまとめると、彼が考案したローソク足を使ったチャート分析の内容が、現在でも語り継がれて投資分析の五法として呼ばれているということになります。
この分析方法は、読んで字のごとく、【主に5つのパターンを基本】にしています。
下記に5つを記します。
・三山
・三川
・三空
・三兵
・三法
という名称の5大パターンを基本としている分析方法となっています。
それぞれ読み方は、上から【さんざん、さんせん、さんくう、さんぺい、さんほう】と読みます。
上記の基本5大パターンは、現在でも【チャートの未来分析や、様々な節目の分析の土台】になっています。
現代インターネットやパソコンの普及がある今ならまだしも、江戸時代のハイテク機具がない中において、ローソク足を使いこなして、実際の米相場の状況をパターン分類することや考察しているハイセンスさに関しては、尊敬の意を隠せません。
それでは、さっそく酒田五法のパターン分析方法に関して見ていきましょう。

セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com

三山(さんざん)

高値を3回更新できなかった場合は、今後の相場勢いが弱くいと推測できるため、突破できないだろう。という仮定をもとに、相場の天井を見極めるパターン分析のタイプになります。
もし、3つの山の真ん中の山が一番高いパターンが出れば、それを特に三尊(さんぞん)といいます。

山の3つを結んだ水平線を天井(でんじょう)と呼びます。3度更新できなかった相場が、天井を抜くことは期待しにくいという分析から売りを入れる。という様な活用法として使っていきます。

三山や三尊は、いわゆるフォーメーション分析と言われる分析で言うところの【ヘッドアンドショルダーズトップ】と言われる形です。
トリプルトップという風に呼ぶこともありますし、そっちの呼び方の方が今の投資家には見知った言葉かもしれません。
また、三つの山ではなく2つの山で折り返す形は、3つの山の形を示す形が出現する頻度が少ないことから、山が二つでも天井になる確率は高いという考えをもとに「ダブルトップ」として広く世界に広まっています。
天井を確認してから、下落が始まった方向に順張り(売り方)で入るという考えは非常に理にかなっていると言えます。

三川(さんせん)

三川という分析方法は、先ほどの三山の真逆の形ということで「逆三山(ぎゃくさんざん)」とも言われています。
安値を3回もチャレンジして、それでも突破できなかった場合は、再度安値を突破できないだろう。
という仮定のもとで、そこが相場の底であるると判別するタイプのパターン分析方法になります。
それぞれ3つの安値を谷と考え、谷には川が流れているという考えで、三川という名前が付けられているようです。
3つの谷(川)の真ん中のが一番低くなっているパターンを、三尊の逆という意味合いで特に、
「逆三尊」と呼ばれています。

谷(川)の3つの下辺を結んだ水平線を底(そこ)と表現し、三度目に再度相場の底が抜ける(安値更新)ことはもうないだろうという仮定を行い、その分析から底値での「買い」という活用の仕方をします。

三川は、フォーメーション分析で言うところの、【ヘッドアンドショルダーボトムズ】であり、一般的に「トリプルボトム」と言う方が馴染みがあるかもしれません。こちらも聞いたことがあるのではないでしょうか。
ダブルボトムは、谷(川)が三つ出現することが少ないことから3つの山がなくても、
2つの谷が発生した段階で底になる確率は高いとの考えもあり、また実際にダブルボトムとして世界的にも多く知られていますし用いられています。
底を確認したら買い。という基本的な相場の買いパターンの分析になります。

三空(さんくう)

三空とは、窓(空)に視点をおいたパターン分析の方法の一つです。
空ができるタイミングというのが、突発的なニュースなどで相場がパニック的に動いた時などが多いことに着目してできた分析方法です。
その空の発生が3回続けば、パニックは行き過ぎであり逆張りのチャンスになり得る。
という活用の仕方をします。逆張りの方法の一つです。
この三空に関して、相場の高値圏で4本の陽線と3つの上方向の空が連続するパターンを、三空踏み上げ(さんくうふみあげ)という呼び方をします。
そもそも空ができている時は、背景に強烈な買い材料が出ていることが多いので、実際に取引として行うのはかなりリスクも伴うものなのですが、ここぞという時に勇気を出して逆張りの売り!という場合にこの三空踏み上げのサインを見逃さないようにしましょう。

逆に、安値圏で4本の陰線と3つの下方向の空が連続するパターンを、三空叩き込み(さんくうたたきこみ)と呼びます。
こちらも発生する時点での背景には、強い売り材料が出ていることが多いので実際にやるのはかなりリスクが伴いますが、こちらもここぞという時の逆張りの買い!というパターンになります。
そもそもが上昇の相場の時になんらかの悪材料で三空叩き込みなどが発生したら押し目で買ってもいいかもしれませんね。

そもそも酒田五法は順張りの方法が多いなかで、三空はどうみても明確な逆張りという少し特異な性格をもっています。
三空のパターンを見て実際に売買を行う際には、十分な資金とリスク管理、そして気持ちの余裕をもっていることが必須になるかと思われます。

三兵(さんぺい)

連続する3本の陽線であったり、または陰線を「三兵」と呼びます。
相場の中の安値圏で、3本の連続した陽線が出るパターンのことを、「赤三兵(あかさんぺい)」と呼びます。なぜ赤三兵と呼ぶかと言うと、陽線は白または赤でチャートに記入するのが基本だったため、赤という名前になっています。
ローソク足の陽線が発生する性質を基本的に理解していれば、底値圏で3本連続の陽線が出現するパターン自体が買い材料の基本的なパターンの1つになることは、理解しやすいかと思います。強い上昇の相場についていく様な順張りの買いのパターンとして活用することができます。

今度は逆に、相場の高値圏で3つの連続した陰線が出るパターンを黒三兵(くろさんぺい)と呼びます。
陰線は黒でチャートに記入するのが多かったため、この呼び方になっています。
黒をカラスに例えて、三羽烏(さんばがらす)と呼ぶこともあります。
この例えは、高値圏からの下落を示唆する不吉な象徴である黒三兵というパターンを、三羽のカラスに例えた名前のようです。
江戸時代の米相場において、相場が激しく動いている不吉な象徴を上手く言い表しているネーミングセンスだなと思います。
こちらは、相場が弱い状態に売る方についていく順張りのパターンで使用します。

ローソク足の上ヒゲの基本的な考え方を利用すれば、次のような応用も可能となってきます。

売りによる強い抵抗を示唆する長めの上ヒゲが、赤三兵の2本目と3本目の陽線についていると、赤三兵の買いパターンが失敗する可能性もあるという示唆として有効に活用できます。
このパターンの呼び名を、「赤三兵の先詰まり(あかさんぺいのさきづまり)」と呼びます。

三法(さんぽう)

方向性がなく動かない相場では休んで、相場が動き出したら取引を始める。という分析を三法と呼んでいます。
三法という分析は、レンジ相場では取引自体を休止して「相場がレンジから離れて動き出したタイミングで動いた方向に仕掛ける」という「ブレイクアウトの順張り」のパターン分析の方法となっています。休むも相場を江戸時代から実践していたんですね。
そもそも、このパターン分析があるということは、レンジ相場という考え方自体が今からはるか昔の江戸時代からあったことの証拠でもあり、その考え方や先見性にはには驚かされますよね。
方向性がなく動かないレンジ相場では取引を休むことにして、相場がレンジ相場の高値を明確に上に抜けたら買いで仕掛けていくとというパターンを、「上げ三法(あげさんぽう)」と呼びます。

逆に、相場がレンジ相場で、そのレンジ相場の安値を明確に下に抜けたら「売り」で仕掛けるという分析についてを、「下げ三法(さげさんぽう)」と呼びます。

このように、日本の古来より現在の相場分析に通じる技術があったことが
今回の記事である程度参考になったかなと思います。
インヴァスト証券トライオートFXの魅力
マネーパートナーズFXの評判・メリット・デメリット
FXや仮想通貨はやり方1つでギャンブルにも仕事にもなる!

セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com