新卒採用、中途採用試験で導入されつつある「TAL(タル)」という適正検査に対策方法があるのか書いていきたいと思います。

 

■適性検査のTAL(タル)ってなに?

TALは「株式会社人総研」が開発した適正試験です。人総研の事業内容は、人材の適正、能力の検査・分析・調査・開発・コンサルティング等をしています。本社は東京都中央区にあり、2003年に設立された企業です。人総研の代表取締役は、松﨑宣幸という方がしていますが、この方の情報をネットで収集しても何も得られませんでした。どの様な会社か実態はなかなか不明なところが多いと私は感じました。

株式会社人総研ホームページ

TALでは受験者の人間力が測定されます。最新の脳科学の研究成果と20年以上に及ぶ現場の知見から、潜在的な人間力を把握する試験です。

脳科学+図形式検査で判断されます。人権に配慮された問題がつくられています。

 

■TALがどの様な事をやって、なにがわかるのか概要

用途:新卒、中途、障害者、正社員登用

対象年齢:18~45歳

検査方法:

テスト1 36問選択式

テスト2 図形アイコン配置

検査時間:

テスト1 約15分

テスト2 約5分

合計 約20分

受験方式:インターネットによる受験

分析時間:約5分

分析項目:コミュニケーション力、ストレス耐性、責任感、積極性、行動力、向上心、メンタル傾向、コンプライアンス傾向

TAL導入費用:初期費用1万円、検査分析料金3500円

 

■実際にTALを受験した感想

私は実際に、ある大手の転職活動試験でTALを受験しました。結果的にTALを受験した企業は合格でした。私がTALを受験した時は、前もって知らされていませんでした。TALという試験を知ったのは受験した後の事でした。なのでTALについて無対策で受けました。TALの受験が不安な方は実際の試験がどんなかこの感想を読んでください。コメントで質問も受け付けます。

試験環境:個室でPCが用意された環境で実施されました。試験官は居ません。

テスト1:36問の選択問題

テスト1の選択問題ですが、心理テストの様なイメージです。問題文が上にあり、下に4つの選択肢が出されて、その中から当てはまる2つを選んでくださいと書かれています。2つ選べない時は、1つで良いともかかれています。まず初見で難解だったのは、問題文の日本語が理解しにくい日本語なのです。運転免許センターの学科試験を思い出しました。そのくらい最初はこの文章なんだろうと思いました。何が効きたいのかわからないのです。私はとりあえず、問題文を3回程度繰り返し読み、すべての問題で2つを選択しました。選べない時に1つでも良いと書かれていましたが、選べないのは決断力が無いと思われるのではと思い、全て2つ選択しています。

テスト2:図形アイコン配置

これはお題と図形が15種類程度用意されていて、お題のイメージに合わせて好きなように図形を配置してくださいというテストです。最低10個以上の図形を使用する必要があり、15種類すべての図形を使用する必要はないという説明でした。私は13種類の図形を使用しました。お題は「あなたが入社した時の活躍をイメージして図形を配置してください」というものでした。左右上下にバランス良く図形を配置して、2種類は図形をくるっと回して配置しました。なぜ使用する図形を13個にしたかというと、10個以上15個未満で図形は良いため、間をとって13個にしました。なんかバランスよさそうですよね?そして、図形を回転させることができるため、これはいくつかは回転させた方が、試験的には良いと考え、2種類は図形を回転させて配置しました。

テスト1とテスト2が終了するのに15分程度だったと思います。

 

■TALは対策ができるのか?

実際に受験した感想を言うと出来ないと思います。試験を受けて思ったのは、国語や数学や社会での勉強などではなく、私が持つ人間力を本当に探られていると感じました。そして、試験官も居なかったことから推測すると、この試験で不正行為は無意味なものと思われます。そもそも対策が出来ないという事です。

TAL受験後、私はネット上で卵の問題について書かれている記事を見ました。選択肢にある「模型の卵」は選ぶなと書かれていて、私が選んだのが模型の卵だったため、落ちたかと思いましたが合格しました。なぜ私が試験で模型の卵を選んだかというと、割れたら汚いし嫌だなという単純な理由です。模型の卵を選んでも、私の様に適性検査をパスする人もいるので、なんの選択肢を選んだかは気にする必要は無いと思います。

 

■TALは有効なのか?

TALを企業が採用に導入するのにコストがかかります。1人分析するのに3500円もかかるのです。導入している企業があるという事は、有効性が少なくとも確認できているという事だと思います。

 

■TALに対してどうするのが良いと思うかまとめ

TALに対して対策を立てる事は出来ないと思います。本当に人間力を磨いていくこれにつきると思います。TALを受験する時は素直な気持ちで受験するしかないと思います。適正検査で不合格だった場合、ごまかして入社しても続かないと思います。適正検査で落ちたら、それはそれだと割り切って次の企業の受験をおすすめします。

読んで頂き、ありがとうございました。