看護師が新卒で働く場合、学校から紹介されたりあるいは自分でいい待遇だと思って見つけてきた職場で働くことになります。しかし勤務して2、3年ほどすると同期の看護師の勤務状況などが把握できたり、あるいは他の医療機関などでの待遇が気になったりして転職することを検討することもあります。

看護師の求人状況について

看護師は慢性的な人手不足であり、現在ほとんどの医療機関で看護師の求人情報を出しています。そのため看護師の転職は他の職種と比較すると比較的しやすいものなのですが、それでも給料や勤務体系、あるいは労働環境などさまざまな面で今働いている職場よりもいい転職先を探したいものです。しかし看護師が転職活動をしようと思うと、シフト勤務になっている職場では夜勤があったり休みが定まらなかったりして転職活動がしづらい状況となります。その場合一旦退職して時間ができてから転職活動をするという方法もあるのですが、収入がなくなる時期を避けたいとか、あるいはキャリアに空白の部分を作りたくないなどの理由で現在の仕事を退職したらすぐに新たな転職先で勤務ができるようにしたいと思っている人も多いです。

転職に時間をかけられない看護師の転職活動はどうしたら良い?

そのような場合には看護師専門の転職サイトを利用して転職活動をするのがおすすめです。転職サイト自体は従来からあるのですが、利用できるのは事務職や営業職など主に一般企業へ転職するために利用するものと思われがちです。
しかし実際には看護師専門の転職サイトも多数存在していて、看護師が今よりいい労働条件で勤務できるよう転職活動のサポートを行っています。この看護師専門の転職サイトの登録については基本無料となっていて、自分の希望する勤務地や医療機関の規模、あるいは勤務時間や曜日、そして福利厚生など希望するさまざまな条件を登録することが可能です。そして登録された情報をもとに転職サイトの担当スタッフが希望に合いそうな職場を探し、登録者が希望すれば転職先候補との面接日時の調整や実際に転職が決まった場合の給料や勤務時間などの労働条件について登録者が納得いくまで交渉してくれます。また看護師の転職情報については一般企業で転職するよりも情報は少なく、どのような面接を受けるのかとかあるいは志望動機や履歴書などの書類をどのように書けばいいのかわからないものです。
しかしこのような看護師の転職にあたって重要な情報を看護師専門の転職サイトではしっかり把握していて、登録者が希望すれば模擬面接や履歴書の書き方などを指導してくれることも多いです。もちろん看護師が休みが不定期てあるということを考慮して、自分の仕事の都合に合わせて時間を取って指導を受けられるようになっています。なので登録した看護師は面接の日や転職活動に関する指導を受ける時間さえ取れば、あとは今の職場で働きながら安心して転職活動ができるということになります。特に看護師として就職して数年程度は経験も少なく一体どのような職場があるのかどうかわからない、あるいは自分で情報を集めると求人情報があまりにも多くてどこを転職先候補に考えればいいかわからないということから、看護師専門の転職サイトを活用して転職活動を行っている看護師は多いです。また転職サイトでは現時点では転職活動を本格的に考えていなくても一体どのような勤務条件の職場があるのかということを知ることができるよう、登録をしていなくても転職情報をサイト内で検索することも可能となっています。そして自分が興味のある転職先が見つかれば、転職サイトに依頼して紹介をしてもらうことも可能です。
看護師専門の転職サイトは現在複数あり、一体どのサイトが優良だとか、あるいは自分に合っているかわからないことから、先に転職先候補を見つけてから登録する方法でも十分転職活動は可能です。さらに新卒で医療機関に就職しても数年経過したら、夜勤を含めたシフト勤務が自分の体質に合わないとか、あるいは医療機関での勤務が自分に合わないと感じる人も出てきます。実は看護師の資格を持って働ける職場は実際には医療機関のみならず、保育園や児童養護施設、老人ホームやデイサービスといったところがあり、実際に医療機関以外で多くの看護師が活躍しています。また勤務場所は限られていますが、一般企業や学校、レジャー施設など一見医療とは全く関係なさそうな場所でも看護師を必要としているところがあって活躍していることも多いです。

まとめ

医療機関以外での転職先はそれほど多くなく自分で見つけるのは難しいものですが、看護師専門の転職サイトであれば転職先の情報を多く持っているということで医療機関以外の自分が働きやすい施設の求人情報を探せる可能性が高いです。新卒から数年経過して初めて転職をしようと思っている、あるいは今の職場で不満を感じていてよりよい労働環境を求めて生きたいのであれば看護師専門の転職サイトは大いに活用すべきです。