FX取引とは

株式取引と同様に、金融取引を代表するのがFX取引です。
FX取引は外国為替証拠金取引の略称で、日本円や米国ドルなどを為替市場で売買することで利益獲得を目指すものです。また、FX取引は証拠金取引とされており、投資家が入金した以上の金額を用いて外貨売買ができるのも大きな特徴です。
FX取引では、為替の差益を狙って取引するのが基本ですが、外国の高い金利を狙って取引することもできます。
FXに投資すれば、スワップポイントという利息に相当する金額が受け取れます。特に、現在は日本円が低金利で、外国通貨のほうが金利が高くなっています。そこで、円を売って海外通貨を購入すれば、毎日スワップポイントとして金利を得られるのです。
FX取引はインターバンク市場と呼ばれる、ネット上の空間で取引されています。
このインターバンク市場は平日24時間オープンしており、取引するにはFX会社への口座開設が必要です。
FX取引では活発に売買されているので、投資家が希望するタイミングでいつでも売買可能です。株のように、買いたい時に買えない事態はありません。

セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com

セントラル短資の特徴

FX取引を希望する方におすすめなのが、セントラル短資です。
セントラル短資は国内FX会社の一つで、日本の金融庁によって営業許可を受けているので安心して取引可能です。投資家が入金した金額をそっくりそのまま信託銀行に保全してあり、投資家の資金と会社の自己資金が分離されています。経営状態が悪化しても、投資家の資金がなくなる危険性がありません。
この点、金融庁の許可を受けていない海外FXは顧客資金管理の点で問題がある可能性があるので、注意が必要です。
セントラル短資で口座を開くのは簡単で、ネット上で手続きは完結します。
申込者の住所や氏名を記入し、自動車免許証のような個人証明書をスマホで撮影して送信するだけです。もちろん無料で口座開設でき、口座維持に関する費用もありません。

裁量トレード向きのダイレクトプラス

通常、FX取引は投資家が自らのタイミングで売買を決定し、オーダーをスマホやパソコンから送信する形で取引します。
この投資家が自ら売買する事を裁量トレードと言いますが、セントラル短資ではダイレクトプラスと呼ばれるサービスが裁量トレード用に提供されています。

手数料は業界最低レベル

FXで売買する場合、売値と買値には微妙な差があります。この差額はスプレッドと呼ばれ、FX会社へ支払われる手数料となるものです。
このスプレッドが少額であればあるほど少ないコストで取引できますが、セントラル短資のスプレッドは業界最低レベルです。
代表的な通貨ペアであるドル円のスプレッドは0.3銭とされています。1万通貨単位すなわち1万ドルの米ドルを売買しても、30円しか手数料がかからないのです。
仮に、相場が思惑通りに1円動いたら、1万通貨のドル円であれば1万円の利益が発生します。この稼ぎからしてみれば、30円というコストはほとんど無視できるレベルです。
セントラル短資のダイレクトプラスであれば、ほとんど手数料を無視した状態でトレードできるのです。

様々な通貨ペアへの投資が可能

ダイレクトプラスでは、様々な通貨ペアが用意されています。
FXにおける代表ペアである、ドル円、ユーロ円、ユールドルを始め、ポンドや豪ドルなどの先進国通貨のほとんどを売買できます。さらに、他の国内FX会社での取扱いが少ない、トルコリラやメキシコペソ、中国人民元の取り扱いがあるのも大きな特徴です。
通貨ペアが豊富であれば、それだけ取引の機会に多く恵まれます。さらに、複数の通貨ペアへ同時取引することで、リスクを限定させながら大きなリターンを目論む分散投資も可能となってきます。
株式取引は売買取引量が少ないと取引が成立せず、値がつかないという場合が良くあります。でも、通貨ペアが豊富なセントラル短資のFXであれば、値動きの激しい相場を見つけられるので、取引できるチャンスに恵まれ易いのです。

人民元投資をするなら、セントラル短資以外の選択肢はありえない

豊富な通貨ペアが用意されているセントラル短資の中でも、注目すべきは人民元の存在です。
中国の通貨人民元を取り扱う業者は少なく、人民元投資をするのであればセントラル短資がほぼ唯一の選択肢となっています。
新興国通貨は金利が高く、特に人民元については将来性の観点から長期投資に向いています。かつて1ドル360円だった日本円が、現在110円まで円高が進行しているように、人民元については長期的に値上がりし続ける可能性が高く、セントラル短資を利用すれば大きなメリットが受けられます。
ここで、人民元投資には外貨預金という選択肢もあります。でも、外貨預金は経済的ではありません。
たとえば、外貨預金で人民元を買う場合、年に1,2回しか金利を受け取れません。でも、セントラル短資のダイレクトプラスで人民元を買えば、毎日スワップポイントとして日割り計算された金利を受け取れます。そして、外貨預金では満期になるまで売却できませんが、セントラル短資であればいつでも都合の良い時に決済して売却できます。さらに、手数料もほぼ無視できるレベルです。
人民元投資するのであれば、断然、セントラル短資に口座開設すべきなのです。

ミラートレーダーを利用できるのがセントラル短資最大の特徴

人民元投資できる事以外に、セントラル短資の大きな特徴がミラートレーダーの存在です。
ミラートレーダーを利用すれば、相場を見る力がない初心者でも簡単にFX取引が可能になり、時間を選ばず取引しつづける事が可能となります。

自動売買システムのミラートレーダー

現在、FXを始めとした金融市場の多くにはアルゴリズムが導入されています。
アルゴリズムはコンピューターを利用した自動売買システムのことで、数学的な手法に基づいて取引を行うため判断ミスがなく、取引のタイミングを逃さないという特徴があります。
FXにおけるアルゴリズム取引を一般人向けに開放したのがミラートレーダーです。
ミラートレーダーを利用する方法は簡単で、あらかじめ用意された数百ものストラテジーと呼ばれるアルゴリズムの中から、希望するものを選択するだけです。ストラテジーの取引成績は開示されているので、勝率の良いストラテジーを選択すれば順調な収益獲得を目指せます。

ミラートレーダーなら素人でもトレード可能

FX取引で勝つためには、金融に対する深い知識や経験が必要です。
世界の経済事情について理解しておかなければならず、チャート図を読み解く力も必要です。いわゆるファンダメンタルズやテクニカルに対する知識がなければ、相場を読むのは困難です。
でも、ミラートレーダーではそのような専門知識は必要ありません。ローソク足が読めなくてもストラテジーさえ選択すれば良いからです。
そして、ストラテジーは日々入れ替えが行われ、強いアルゴリズムが取捨選択されています。プロトレーダーに投資を委ねているようなものなので、素人であってもFXで勝ち抜くことが目指せるのです。

ミラートレーダーは取引のタイミングを逃さず、感情に左右されない

ミラートレーダーでストラテジーを選択すると、そのストラテジーは一定のルールに従い自動的にトレードを繰り返します。そして、システムは24時間稼働し続けます。
一方、人である投資家はどんなに頑張っても1日中、相場には張り付く事はできません。眠っている間に大きな取引のチャンスが発生しても人は逃してしまいます。
しかし、システムであるミラートレーダーは取引の機会を逃しません。
さらに、ミラートレーダーは設計されたアルゴリズムに従って売買を繰り返すので、想定以上の損失は発生させません。
人は感情に左右されてしまう生き物なので、損失を取り返すために無茶な取引をして損を拡大させる、という様な事が良くありますが、システムであるミラートレーダーに委ねれば感情を排した取引ができるので、安定的でシステマティックな取引が可能です。
感情に振り回されずに金融取引がしたいという方に、セントラル短資のミラートレーダーはおすすめです。

セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン
セントラル短資FX × 志摩力男 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com