多くの会社員の方々は、副業を検討しています。本業による収入には限界があるので、副収入を得なくなる事もあるでしょう。副収入を稼ぐ方法は色々ありますが、FXはおすすめです。今回は、なぜ会社員にはFXがおすすめであるかをまとめてみました。セントラル短資FXも紹介していますので、参考にしてみて下さい。

バイトや不動産よりもFXがおすすめ

会社員が副業するなら、アルバイトや不動産投資などの手段もあります。ですが前者のアルバイトの場合は、時間を確保しなければなりません。アルバイト先で働く時間を確保する必要がありますし、移動時間もかかります。
不動産投資も悪くありませんが、やや手間が大きいという声も多いです。例えばアパート経営するなら、不動産物件を管理する必要がありますし、入居者から家賃も回収する事になるのです。滞納リスクもありますし、物件が空き室になってしまえば家賃が入ってきません。
それに対してFXは、アルバイトのように出勤する必要はありません。スマホやパソコンでも取引できますから、普段会社に出勤する電車の中でも取引可能です。また不動産投資のように物件管理をする必要はありませんし、もちろん賃料回収も不要です。

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com

経済や海外動向に詳しくなれるメリット

それとFXは、もちろん外貨商品になります。外貨の動きによって、利益を得ていく訳です。いわゆる為替取引をする事になります。
ところで外貨に関する取引をする場合、海外のニュースや経済にも注目する事になるのです。そもそも外貨が動くのは、必ず何らかの理由があります。海外の重要人物が発言をしたり、政治や経済に関するニュースをきっかけに、外貨が大きく動く傾向があります。
FXで利益を生み出すためには、ある程度外貨の動きも読まなければなりません。時には、外貨の動きを予測する事もあります。その際、上述のニュースが判断材料になる訳です。
という事はFXの取引を続けますと、自然と海外や経済に関する知識を覚える事ができます。会社員にとっては、そのメリットは大きいです。FXを通じて、普段のビジネスに関する知識を覚える事もできます。

副業でなく投資なので安心

ところで会社員が副収入を得たいなら、副業に関する規制も知っておく必要があります。お勤め先のルールがあるからです。
そもそも一般企業では、従業員の副業を禁止している事もあります。遅刻されてしまうと困りますから、本業に支障が生じるのを防ぐために、副業を禁止している会社も多いです。現に公務員は、副業は禁じられています。ですから会社員は、副業アルバイトをするのも難しい事があります。
しかし「投資」は副業とは異なります。確かに副業自体は禁じられていますが、投資はその限りではありません。上述の不動産投資や投資信託などを含めて、投資自体は禁止していない会社が多いです。現に多くの会社員は、株式投資も行っています。
そしてFXも、投資の1つであると見なされるのです。つまり多くの一般企業は、サラリーマンのFX取引を禁止していないのです。

取引できる時間帯のメリット

また会社員が取引するなら、時間帯も軽視できません。その点で、FXはおすすめなのです。
上記でも少々触れましたが、会社員が投資したい時は株という方法もあります。現物取引で資産を増やすよう勉強しているサラリーマンも多いです。
ところが株は、時間帯に関するデメリットがあります。株価が変動している時間帯は、原則として午前中から13時頃に限定されてしまうのです。その時間帯は、多くの一般企業の勤務時間になります。株でリアルタイムの売買をしたくても、普段の仕事が忙しい時間帯では、取引できません。
その点FXの場合は、非常に幅広い時間帯で取引可能なのです。上述の午前中やお昼などの時間帯だけでなく、夕方以降や真夜中でも取引する事ができます。昼間の時間帯は忙しくても、夕方や夜なら取引できることもあるでしょう。それも考慮すると、会社員にはFXが最適なのです。

忙しい方でも問題ない自動売買

ですが普段から仕事が忙しい会社員としては、取引の時間確保のネックを抱いていることもあります。普段本業が忙しい訳ですから、なかなかリアルタイムな取引はできません。現に会社員によっては、それこそ朝から深夜まで毎日働いている事もあります。
しかしFXの業者を慎重に選んでおけば、それも問題ありません。業者によっては、自動的に売買してもらう事もできるからです。
自動売買の場合は、わざわざレートの動きを注視しながら、リアルタイムに自分で取引する必要はありません。FXの業者が提供しているストラテジというものを選んでおけば、売買を代行してもらう事ができるからです。たとえパソコンの電源をオフにしていても、システムが自動的に売買してくれます。普段忙しい会社員からすると、それはとても助かります。

自動売買が可能なセントラル短資FX

具体的にはどこの業者で自動売買できるかというと、セントラル短資FXはおすすめです。このFX業者であれば、一旦ストラテジを選択しておく事で、売買を代行してもらう事ができます。もちろんパソコンの電源をオフにしていても問題ありません。普段は仕事で忙しいサラリーマンにとっては、とても便利です。
しかもセントラル短資の場合は、デモ取引もあります。どのように取引してくれるかを、お試し利用できるのです。
実は多くのFX業者は、お試しシステムを採用していない傾向があります。自動でなく手動売買にはデモ取引はあっても、自動売買には無い事も多いのです。その点セントラル短資FXであれば、試してみることもできますので、とても便利です。

手数料が低めなメリット

セントラル短資FXがおすすめの理由は、他にもあります。このFX業者は、手数料は比較的低めです。
そもそも手数料の数字は、FXの業者によって異なります。手数料が比較的高めな業者もあれば、そうでない業者もあるのです。
その点セントラル短資FXは、スプレッドという手数料は比較的低めになっています。少なくともドルやユーロなどのメジャー通貨は、かなり手数料が低めです。他社と比較してみると分かりますが、悪くない水準になっています。

メキシコペソで取引する事も可能

またセントラル短資FXは、メキシコペソで取引する事ができます。この通貨で取引できるメリットは、意外と大きいです。
メキシコペソは、スワップ金利に関するメリットがあります。各通貨はそれぞれ金利の数字も異なりますが、メキシコペソは比較的金利が高めなのです。
会社員として働いている方々は、たまに銀行金利に不満を抱いている事があります。普通預金の口座は、あまり金利は高めではありませんから、預けていてもなかなかお金が増えない傾向があります。その点メキシコペソの場合は、日本の普通預金の口座よりも金利は高めなのです。
しかもメキシコペソは、あまり大きく動きません。外貨の動きが大きいと、ややリスクが大きくなってしまうのですが、メキシコペソは動きが小さいのでリスクも低めになります。
そもそもメキシコペソで取引できるFXの業者は、かなり限られています。珍しい通貨で取引できるのも、セントラル短資FXの魅力の1つです。

まとめ

会社員として副業を検討しているなら、やはりFXはおすすめです。特にセントラル短資FXは、サービスも充実していますし、前向きに検討してみると良いでしょう。

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com