仮想通貨用語のイナゴとは?

仮想通貨・株・外国為替いかなるチャートにも「イナゴ」タワーは存在します。特に仮想通貨の市場においてはイナゴとなる投資家が圧倒的に多いのが現実です。テクニカル分析を覚える為の勉強も必要ですが、是非その勉強の合間にでも、自分がイナゴにならないために、この記事を読んでいただければ幸いです。

仮想通貨用語のイナゴとは?

イナゴといえば、よく子供の頃に田んぼで探し回ったもの・・・そう!正に稲に群がっているバッタのイナゴのことです。
イナゴは、お米に稲ににくっついて群がる、これを仮想通貨では、これから価格が急上昇しそうな、もしくは上がり始めた銘柄に飛びついて群がる人たちのことを、イナゴと比喩します。よくイナゴとなり得るのが、初心者トレーダーです。そしてイナゴにも種類があります。

養分イナゴ

価格上昇に飛びつこう!と思っているが、買ったタイミングは残念ながら上昇がほぼ終了しようとしているとき。
つまり、そこから価格が下降するともちろん損してしまうイナゴのことです。

煽りイナゴ

煽るイナゴです。
自分が損してしまったゆえに、逆恨みから他のイナゴも巻き込んでやろうと不要な煽りをします。
養分イナゴが進化して煽りイナゴになる場合もあります。
共食いイナゴ
早い段階で買っておいた銘柄を、後から「買おう」とやってきたイナゴに売る、先見性のある上手なイナゴトレーダーです。
驚くような大暴騰があったとしても、共食いイナゴが価格上昇のタイミングで売りを強めてくるため、すぐに価格が下がってしまうといいます
でも、価格上昇の前に買い、上がり切ったら売る…誰もができそうでなかなかできない、上手なトレード方法です。このイナゴこそ、イナゴの仮面を被ったプロトレーダーなのです。

イナゴとは具体的にどんなチャートのことを言う?

急激な価格上昇がよくある仮想通貨では、このように短期的な価格変動を狙って「売り」と利益を出そうとする方が多いものです。何か銘柄の価格上昇につながるニュースや情報を知り、今からこのコイン上がるから買う!と飛びついていきます。こうしてわらわらと集まってくるイナゴのおかげで、チャートは一気に急上昇します。本当に崖を昇る様なチャートを描きます。上がりきったところで、一気に熟練投資家やプロトレーダーが売却するため、価格はジェットコースターのように急降下します。そして、その急激な下落についていけず、イナゴ投資家だけが利益を確定出来ずに、先に利確した投資家の養分になってしまう訳です。一口にイナゴとは言ってもいろんな種類があることがわかりましたね。

イナゴが起きた具体的な事例は?

2017年の年末のBitcoinのチャートがまさにそれです。これが、イナゴの売り買いによってつくられた「イナゴタワー」です。2017年12月半ばから年始にかけて100万円以上の値上がりを見せました。仮想通貨取引所のCMの煽りや、TVニュースが盛んに仮想通貨について取り上げていたためだと思います。それを見た投資未経験者がBitcoinに飛びついた訳です。そして急激な上昇のあとには必ず大きな下落が来ます。その下落の前に利確を出来なかったイナゴたちが多く生まれました。

上手に「イナゴタワー」を利用する方法

世間では、この「イナゴタワー」の崩落による犠牲にばかり目が向きがちで、タワー建設中の劇的な収益については、目を背けさせられている感があります。しかしながら、爆益を得たいあなたは、そんな世間の常識こそ無視してもいいと思います。成功したいのであれば、そのタワーにどのように上手に取り組めば、収益化できるかを日々勉強するべきです。基本的には、出来高変化率及びトレンドフォロー系のテクニカル指標を組み合せていくやり方に、個人的には魅力を感じます。しかしイナゴタワーこそ人の欲望が可視化されたものです。いつかは崩れます、その崩壊に巻き込まれる前にタワーから飛び降りましょう。
なお、あなたが、リスクを冒してまで成功したいと思わないのなら、イナゴタワーには決して近づいてはいけません。また、心臓の弱い方や、所有コインが下がると鬱になっちゃう人もやめておいた方がいいでしょう。値動きが激しく、それに一喜一憂していたら、投資家は務まりませんから。

体験談

ここからは私一個人の体験談になります。私は今現在所有しているcoinはXRPとXEMですが、XRPについては、大多数が150円くらいのところでつかんでおります。下がっている間も購入していたので、単価は下げては来ていますが、完全に養分イナゴになったと実感しております。しかし、売りもかけておりませんので、完全に塩漬けです。将来を見越して購入したので、時間はかかるのは覚悟しておりますが、このまま仮想通貨の未来を期待したいとおもいます。皆さんも私の様なイナゴにならないように、しっかりと情報を精査していきましょう。

bitbank