2017年半ばから下半期にかけてBitcoinの価格が急騰し、それと共に「仮想通貨」という名前が一気に世間一般に広く知れ渡り多くの投資未経験者が参入しました。そのきっかけとなった要因はいくつかあるのですが、1番と言って良い要因が「メディアの力」です。連日のようにバラエティ番組などで仮想通貨の話題を取り上げ、テレビCMでは、coincheck・Zaif・bitFlyerの3大取引所が、24時間ひっきりなしにCMを垂れ流しておりました。特に使いやすさで人気の高かったcoincheckは会員数を急速に増やしていきました。当時coincheckはセキュリティを蔑ろにし、売上重視の経営体制になっておりました。セキュリティに費用を回さず、広告費に多額の費用をつぎ込み、その結果2018年年始にNEMハッキング事件が発生しました。これを皮切りに2018年は仮想通貨取引所にっとって試練と償いと改革の年となりました。この様に取引所選びを間違えると大きな資産を失うことになりかねません。今回はご自分の投資スタイルにあう取引所を選んで頂き、資産管理にお役立ていただきたいと思います。

大見出し:仮想通貨取引所を選ぶポイント5つ
仮想通貨投資を始めるのであれば、まず日本の取引所の口座を作らなければいけません。いきなり海外取引所からスタートも不可能ではありませんが、非常に手間です。国内取引所でBitcoinを購入すれば、海外口座に以降も容易です。ですが海外取引所には言語の壁もあります、そして使用方法を間違えたら資産を失うことにもなります、取扱通貨も不透明な物も多いです。それに変わり国内の取引所は、手堅い名だたるコインのみ取り扱われています。海外取引所で取り扱う通称草コインという、一か八かの博打コインは存在しないので、国内取引所は比較的安全と言えます。それでは、国内にどれだけの取引所があるのかみていきましょう。

●仮想通貨交換業・金融庁登録済み業者
コインチェック 詳細 サービス内容取引所/販売所  サービス開始2014/09
bitFlyer 詳細 関東003 サービス内容取引所/販売所  サービス開始2014/01
ビットバンク 詳細 関東004 サービス内容取引所/販売所  サービス開始2011/05
SBIバーチャル・カレンシーズ 詳細 関東005 サービス内容販売所  サービス開始2018/06
ビットポイントジャパン 詳細 関東009 サービス内容取引所  サービス開始2016/03
QUOINE 詳細 関東002 サービス内容取引所  サービス開始2014/11
GMOコイン 詳細 関東006 サービス内容販売所  サービス開始2017/05
DMM Bitcoin 詳細 関東010 サービス内容取引所/販売所  サービス開始2017/06
ビットトレード 詳細 関東007 サービス内容取引所  サービス開始2017/03
フィスコ仮想通貨取引所(旧Zaif) 詳細 近畿001 サービス内容取引所/販売所  サービス開始2016/08
BTCボックス 詳細 関東008 サービス内容取引所  サービス開始2014/04
Bitgate 詳細 関東012 サービス内容販売所  サービス開始2017/03
●登録済み業者(準備中)

マネーパートナーズ 詳細 関東001 準備中 開始時期未定
ビットアルゴ取引所東京 詳細 関東011 準備中 2018年秋頃予定
Xtheta 詳細 近畿003 取次ぎ  2018/5月開始予定
BITOCEAN 詳細 関東013

●みなし業者(登録申請中)

みんなのビットコイン 詳細 サービス内容取引所  サービス開始2017/04

日本国内全ての仮想通貨取引所をまとめるとこれだけ存在します。ではこの多くの取引所から自分が取引したい取引所をどう選別すれば良いのでしょうか。今回は、選別のポイントを5つにまとめました。

1.自身の仮想通貨取引方法による選別
仮想通貨取引所には色々な取引方法があります。大まかには2つ「現物取引」と「FX取引」です。ビットバンクやコインチェック等は現物取引がメインとなっています。対象的にGMOコインやDMM等はFX取引がメインとなっています。この様に自分の投資法によっても取引所を厳選する必要があります。

2.セキュリティ
冒頭文でお話したcoincheck社NEMハッキング被害事件のように、仮想通貨取引所はセキュリティ面等まだまだ未熟な点がいくつかあります。未熟な点が多い1番の要因は「歴史の浅さ」だと私は思っています。上記の表を見ていただければわかるように、ほとんどの業者が2010年台以降の開業です。どの会社もベンチャー企業といっても良い位の規模の会社ばかりです。そんな小さな会社が少ないエンジニア数で、顧客の何十億何百億という資産管理をしているわけです。この管理が出来ていなかったから2018年は国内・海外で多くの取引所がハッキングにあったわけです。顧客側に開示されている各社のセキュリティ情報では不十分ではありますが、何も考えずに取引所口座を作成するよりはよっぽどマシなので、しっかりと下調べが必要になってきます。

3.金融庁登録済み業者かみなし業者か
登録済みとみなしの違いは、金融庁つまり国が定めた規定に則って運営されているかということです。やはりここはかなり大事になってきます。もちろんみなし業者も金融庁にお墨付きをもらいたいので、金融庁が定めている規定に基づいて運営されていると思いますが、最初はガチガチに安全性重視で取引所を選んだほうが良いと思いますので、ここは正式な営業許可を金融庁に頂いている取引所を選ぶのが得策です。

4.運営会社の規模
coincheck社・bitFlyer・Zaifなど3大取引所と言われる会社も、金融業界の会社規模で見れば本当に小さな会社です、しかし!2018年に入ってから大手企業がここぞとばかりに参入を表明してきております。でも残念ながら今金融庁に取引所の開設登録をしても、順番待ちにより数年先に許可が出るという現実なのです。大手企業の中で、以前より仮想通貨交換業に目をつけていた「SBIグループ」は2018年6月にSBIバーチャル・カレンシーズ をオープンすることが出来ました。その他に、DMMやGMOなど大手が取引所をオープンさせました。特にGMOコインは東証一部に上場している大手企業GMOインターネットが運営する国内最大規模の仮想通貨取引所です。しかしまだまだ日本の超大手企業は順番待ちをしている最中です。そこで一部の大手企業が取った早期仮想通貨交換業参入の方法とは・・・「既存取引所の買収」です。2018年のNEMハッキング被害で倒産の危機に陥ったcoincheck社を買収する事で、早期参入を実現したのが、大手証券会社「マネックス証券」です。他にもビットアルゴ取引所は、YAHOO株式会社が100%の資本出資で運営しています(https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/04/13a/)。みんなのビットコインは楽天が買収を表明しています。この様に、小さな取引所のバックには日本の超大手IT企業がいるのです。もちろん大手企業が運営しているから安心、中小企業の運営だから危険という安易な考えだけでは甘いですが、自分の資産を預ける取引所の運営はどんな会社なのかという調べも必要です。

5.スプレッド
私は、「現在の」仮想通貨取引所の選別で、スプレッドを考慮して選ぶと言うことより、上記4つの項目が1番大切だと思ってますのでそんなに重要視はしていませんが、プロのトレーダーは大いに意識するところですので最後の項目に加えたいと思います。
スプレッドとは、「買値と売値の差額」のことを言います。申し訳ありませんがスプレッドについて詳しく書いてしまうと、日が暮れてしまいますのでここで詳しい説明は割愛します。このスプレッドを各社比較して見て取引所を選別しましょう。
○一部取引所の手数料例
ビットバンク   ほぼ0% 無料キャンペーン終了になりました
ビットポイント  5%前後
GMOコイン     3%~5%
DMMビットコイン  5%~10%
ビットフライヤー 0%~10%
ザイフ      5%~10%

上記5つ以外にも、サーバーの強さ、取り扱い通貨数、使いやすさ等様々な事を意識しなくてはいけません。coincheckは、この使いやすさと国内屈指の取り扱い通貨の多さによって人気取引所となってました。

大見出し:仮想通貨取引所を上手に使うポイント5つ
みなさんも「銀行」の口座は持っていますよね。みなさんはいくつの銀行口座を持っていますか?そして持っている口座が2つ以上であれば、各口座をどの様に使い分けていますか?仮想通貨取引所も同じです。取引所ごとに取り扱う通貨が多少異なりますし、スプレッドも違います、そしてセキュリティも異なります。各取引所にはそれぞれ違った「色」があります。手慣れた仮想通貨トレーダーはこの色を使い分けています。その「色」を見ていきましょう。

1.仮想通貨取引所の口座を複数持とう
単純に言葉の意味通りです。複数の取引所の口座を作り「リスク分散」するということです。coincheck社がハッキングされた際、私はcoincheck社の口座しかなく、所有通貨XRPとNEMの2通貨をcoincheckの口座に入れっぱなしでした。もちろんですが、ハッキング被害によりNEMはなくなり、XRPはcoincheckの口座から引き出せなくなりました。それから数ヶ月間XRPは凍結されその後引き出しのみが可能になり、外部ウォレットに移動させました。もしその時、他の取引所の口座を持っていたら、利用する取引所のハッキングの一報が入ったときに即移動させるなどの対処が可能です。この様に、複数の口座を持つことでリスク回避が出来ます。

2.キャンペーン中の取引所を上手く利用しよう
仮想通貨取引所は、定期的にキャンペーンを行っています。現在bitbankではもう1年近く「取引手数料無料」のキャンペーンを行っています。トレーダーにとって、手数料が無料というのは夢のような話で、獲得した利益は全て回収出来る訳です。そして、BITPOINTでは、一定の取引をすると3000円分相当のBTCがもらえます(2018年12月現在)。この様に、どうせ仮想通貨を購入するならお得な取引所で購入するとをおすすめします。

3.スプレッドで使い分けよう
取引所を選ぶポイントでもご紹介しましたが、スプレッドで購入する取引所を変えるということです。現在ですと、bitbankが手数料無料なので、bitbankで取り扱われている通貨は必然とbitbankで買うことになります。せっかくbitbankで手数料無料なのにXRPをcoincheckで買う必要はありませんよね。

4.取引所と販売所の違いを理解し使い分けよう
○取引所は個人間で売買の値段を決め取引する(bitbank等)
●販売所は運営会社から直接通貨を買う場所(coincheck等)
販売所は、初めて仮想通貨を買う際に利用するのがおすすめです。使いやすくほぼ2クリック(タップ)くらいで購入・売却が可能です。でも、仮想通貨の取引に慣れて来たら取引所を使用しましょう。再三言ってますが、無駄な手数料は節約しましょう。

5.取引所の特殊機能(サービス)を利用しよう
仮想通貨取引所は、カストディサービス等も行っています。カストディとは保管という意味です。大切な資産は自己管理が鉄則とこの業界では言われておりますが、そうも行かない投資家も中にはいます。そんなときはこういう保管サービス等を利用しましょう。現在bitbankでは、「仮想通貨を預けて増やす」サービスを展開中です。もしあなたが、ガチホを決めている投資家であるのならば、こういう保管方法もあるということを覚えておいても損では無いと思います。

大見出し:海外取引所はどんな人におすすめ?使う為に気をつけたいことは?
2018年12月現在、海外取引所の数は「100社以上」もあるので、どこを開設したらいいか悩みどころだと思います。海外はセキュリティ不安がある取引所が結構あります。日本の取引所も2018年には結構ハッキング被害がありましたが、まだセキュリティは良い方なんですよ。海外取引所は、身分証の提出も必要なく、メールアドレスの登録だけで、その場で口座開設完了なんてところが大半です。ですので本当にセキュリティに関しては十分に気をつけるべきです。まず、購入した通貨を取引所に預けっぱなしというのは辞めましょう。言語の壁も障害の一つです。取引所のHPの操作を間違うと、一瞬にして自分の通貨を行方不明にしてしまうこともあります。
海外の取引所は、「取り扱い通貨が多い」「手数料が安い」などのメリットがありますから、中級者以上のトレーダー向きとなってます。草コインは大きな値上がりが期待できる一方、無になる可能性も大きい通貨です。そんな草が多い茂る海外取引所は両刃の剣と言えます。初心者は必ずと言っていい程、日本の取引所からの参入をおすすめします。

まとめ
取引所選びは、購入する仮想通貨を選ぶより難しいのです。どんなに良い通貨を買っていても取引所が弱かったら、あなたの資産は無くなります。自分が購入をしたい通貨
があるのであれば、まずどこで取扱っているのか、取り扱っている取引所の企業は大丈夫なのかをよく調べ、納得した上で購入してくださいね。

bitbank