ビットコインの仕組みはどんな仕組み?

日本では、2017年年末から仮想通貨の名前が巷に一気に広がりましたよね。それから、良くも悪くも「ビットコインは儲かる!」「ビットコインは危ない!!」と言うこえが良く聞こえる様になりました。ビットコインに興味を持つと、肯定的な情報も否定的な情報も多く何が正しいのかわからなくなりますよね。しっかりと仮想通貨について勉強していくと、一体ビットコインの何が悪いのか、なぜビットコインを始めとする仮想通貨を否定する意見が多いのか逆にわからなくなります。仮想通貨について学べば学ぶほど未来の社会を飛躍的に発展させる新技術と確信できるからです。ですので、ビットコインを否定する人たちに、ビットコインの何を知っているのか聞いてみたところ「詐欺に合うから」「よくわからないものだから」「なんか怪しそうだから」「盗まれる」と極めて曖昧な答えでした。今回この記事を見ていただいている方は、おそらく仮想通貨に興味を持ち始めてくれた方が多いと思いますので、しっかりとビットコインの「仕組み」についてご説明できればと思っております。

ビットコインは2008年に「SATOSI NAKAMOTO」という人がビットコインの論文を発表しました。その論文を読んだ世界中の賛同者が、発表された論文をもとに開発しました。今回は、このビットコインの誕生秘話の先の、ビットコインの仕組みについて説明していきたいと思います。
法定通貨は国家が管理しているのに対し、ビットコインは「中央管理されていない」という特徴があります。つまりみんなで管理しているということです。
日本では、ビットコインを初めその他アルトコインのことを総称して「仮想通貨」と呼ばれておりますが、世界的には「暗号通貨」と呼ばれております。もっと正確に表現すると、ビットコインは通貨ではありません。そもそもビットコインはインターネット上でやり取りされることを主とする通貨で、単なるデータでしかありません。つまり、我々利用する人間がわかりやすく「通貨やコイン」と呼んでいるだけで、もとは暗号の集合体(暗号データ)な訳です。そのため、悪意を持った人(ハッカー等)が介入した場合安全化の技術が無いと全財産を失うリスクがあるということです。冒頭で、ビットコインを否定する人たちの意見を載せましたが、仮想通貨がハッキングによって盗難被害に遭うのは、仮想通貨が悪いのではなく、それを取り扱う取引所の管理に問題があるのです。そんなハッカー等悪意のある人間がいても出来る限り安心できる取引が出来るよう、ビットコインには3つの安全化の技術を取り入れております。

1.ブロックチェーン技術

2.プルーフオブワーク

3.マイニング

ビットコインのブロックチェーンについは次項でご説明します。
プルーフオブワークについては、仮に悪人が偽造した通帳を持ち込み、ビットコインを大量に持っているように見せかけたとしても、ブロックチェーン技術で溜め込まれた記録と違いが一目でわかるので、嘘を付いているとすぐわかります。そういった悪人を閉め出す為の認証システムになります。これにより取引が正常でありことを誰もが監視しあって正常を保ち続けられます。
3つ目のマイニングについてもこの先の項目で説明します。
この3つのシステムによりビットコインは成り立っております。そしてビットコインはP2P接続された各コンピューターに分散させて保管しています。P2Pで分散管理されていることでビットコインの仕組みは安全性の高いものになっています。現在ビットコインに参加しているコンピューターは数百万台以上あり、全て同時にハッキングすることは不可能です。このようなシステムで構成されているからこそ、ビットコインは世界で1番安全と言っていいほどの資産なのです。

ビットコインのブロックチェーンはどんな仕組み?

ブロックチェーン技術は、相手とビットコインで取引するにあたり必要なシステムです。この技術により利用者全員の手持ちのビットコイン量や取引記録が誰でも見られる監視下に置かれ、虚偽がないことを確認出来るのです。複数のブロック、データベース上に同じ記録を残し、別々の暗号を使って保護しているため、ブロックチェーンと呼ばれています。ブロックチェーンはビットコイン上でどのような働きをしているのでしょうか。ビットコインを売買するとき、「AさんからBさんへ1BTC送金」といったトランザクションが生成されます。そして「10分」ごとに新しいブロック生成する時に、トランザクションがブロックに書き込まれると取引が実行されます。さらに取引データ以外にも、今までの取引履歴をまとめた「ハッシュ」やハッシュが正しいことを証明する「ナンス」という暗号が保管されます。

ビットコインの取引方法

ビットコイン初の決済(取引)は「ピザ2枚」だった。あるプログラマーがインターネット上に「僕のビットコイン10,000枚をピザと交換してくれないか?」と冗談半分に投稿しました。この投稿をおもしろがった他のプログラマーがピザ屋にオーダーし、Lサイズのピザ2枚(約25ドル)を投稿者に届けさせたのです。そして、彼は投稿者から10,000BTCを送られました。間接的ですが、これがビットコインの現実世界で初めて決済に使われた例で有名な話です。ちなみに、当時のビットコインの価格は、日本円で1BTC=0.2円と記録されています。もし今も10,000枚のビットコインを所有し続けていられたら彼は億万長者になっていますね。
現在、ビットコインの取り引きは、仮想通貨取引所で購入することがスタンダードとなっています。その他、マイニングで報酬としてビットコインをもらったり、投資家同士の直接の送金ももちろん可能です。

ビットコインのマイニングの仕組み

マイニングは、ブロックチェーンによって作られたブロックを、プルーフオブワークによって認証するまでの中に生まれるビットコインの発掘作業ともいえます。マイニングだけしていれば、取引所でビットコインを買わなくても、ビットコインを手にする事が出来る可能性があります。
マイニングを実際に行うには、マイニングマシンと言われる高度なサーバーが必要になります。マシンは大量の電力を必要とします。そして発掘(計算)を行っている最中マシンは常にフル稼働です。それにより、マシンがかなりの高温になりますのでマシンを冷却する必要があります。冷却をするための機械や電力もまた必要で、非常に発掘には資金が必要となります。世界のマイナー達は、そのコストを少しでも抑えようと、電力の安い国でマイニング工場を作ったり、熱対策のため北極でマイニングをしてりしています。

ビットコインETFとはなに?

2018年下半期に仮想通貨業界は結構この話題でもちきりになっていましたね。ビットコインはSECからETFの認可が下りるだの、いや!まだ早いという声も多かったです。そもそもETFって何?と思う方もいらっしゃると思いますのでご説明いたします。
ビットコインETFとは一言で言えばビットコインが投資対象に含まれる上場投資信託の事です。その投資信託が証券取引所に一つの銘柄として上場し、株などと同様に売買が行われます。基本的にはアメリカの証券取引所に上場されたビットコインETFはアメリカの証券会社を通じて購入(売却)する事になりますが、アメリカで上場しているETFを日本国内の会社が仲介のような役割をする事で売買する事ができる場合もあります。(その場合手数料は高くなります。)日本でビットコインETFを売買したい場合には国内でビットコインETFが上場されるのを待つか、国内の証券会社が取次を開始するのを待つ必要があります。(使用参考:http://www.tottemoyasashiibitcoin.net/entry/2018/01/08/130431

このETFがSECに認可されれば、仮想通貨は飛躍的にその価値を右肩上がりに伸ばすと言われております。過去の例としてですが、「金」のETFが認可されたときは急激に金の価値が上昇しております。ETFの認可が降りるという事は、金融商品として全市場から認められたということになります。

ビットコインの今後

一時は240万円の値を付けたビットコインも、2018年11月下旬には40万円までその価格を落としています。世界中で、2018年にビットコインは最高値を更新すると言われ続けておりましたが、見事に2018年11月には2018年最安値を更新しました。11月現在、きっと12月には価格が高騰するという希望論が横行しておりますが、冷静に1つの投資商品としてみると、まだ下落相場は続くと思います。上がる上がると期待され続けている相場ですがもうしばらくは握力を試される期間が続きそうです。
仮想通貨市場には、ビットコインの性能を上回るアルトコインは多数あります。いや!アルトコインは全てビットコインを超えている通貨です。しかし、ビットコインという看板は他のアルトコインよりかなり大きい存在となっております。世界中の取引所で基軸通貨となっております。現在、ビットコインの性能云々よりも、この基軸としての立ち位置のおかげで現在の価値を保たれています。当面の間は、ビットコインの価値はそう変わることは無いと思いますが、数年先はRipple(XRP)など、実用的で人気のある通貨に基軸の座を奪われる日がくると思います。

bitbank