二段階認証設定

仮想通貨取引所に自分の仮想通貨を置きっぱなしにしていて、盗難被害に遭った方は実際に居ます。ハードウェアウォレットを使用する事が、現段階で最善策ですが、いきなりハードウェアウォレットを使用するのは敷居が高いという方も居ると思います。二段階認証は、どの取引所も取り入れている不正アクセス防止の方法です。仮想通貨取引所によっては、不正アクセスの損失補償をする際に、二段階認証の有無で保証額が変わります。

 

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

bitFryer

bitFlyerで二段階認証を設定しているユーザーに対しては、不正な日本円出金に対して保証されます。仮想通貨取引所では、不正出金に対する補償を明確に示している取引所はまだ少ないですが、今後は二段階認証が保証の必須条件となっていく事が考えられます。

二段階認証アプリのダウンロード

二段階認証には、下記のスマートフォンアプリを使用します。

Google Authenticator

二段階認証設定方法(bitbank編)

スマートフォンにGoogle Authenticatorをダウンロードしたら実際に設定していきます。今回は私が使用しているbitbankアカウントに二段階認証を設定していきます。用意する物は、Google Authenticatorをダウンロードしたスマートフォンです。

1、まずbitbankアカウントにログインします。二段階認証未設定の場合は、二段階認証を設定してくださいとアナウンス画面が出ます。ここで「設定する」をクリックします。
2、二段階認証右側の「設定」をクリックします。
3、QRコードが表されるので、スマートフォンで読み込み、読み込み後に表示される6桁の数字を入力します。

※ここの画面をスクリーンショットで保存して、USBメモリに保存しておけば万が一スマートフォンを紛失してしまったとき、迅速に再設定が出来ます。

次にスマートフォン側の操作です。
1、アプリを起動

 

2、画面右下の「+」をタッチしてカメラを起動

 

3、バーコードをスキャンをタッチして、PC画面に表示されているQRコードを読み込む。

 

4、スマホ画面に表示される6桁の番号が認証コードになります。この6桁の番号をPC画面の認証コード欄に打ち込み、設定を押します。

以上で二段階認証設定は完了です。

 

二段階認証設定後のログイン

二段階認証を設定した後にログインする場合は、スマホの認証アプリを立ち上げて、これからはログインする事になります。認証アプリを立ち上げると、二段階認証を設定した「bitbank.cc」が表示されています。ここの欄の6桁の数字を、ログインする際に右下の時計が回りきる前に入力してください。入力が間に合わなかった時は、次の時計が始まると6桁の数字がリセットされるので、その数字みて入力してください。

スマートフォンを紛失してしまうと、ログインするためにはサポートに相談しなくてはいけなくなるので、絶対に紛失しない様にしましょう。また機種変更などを行う時も、二段階認証を解除するなど対策をしておきましょう。

まとめ

仮想通貨は法通貨以上に管理を厳重にしておかなければいけません。管理は大変ですが、自分の資産は自分で守るしかありません。最初は大変かもしれませんが、慣れてきます。今頑張って将来の億り人を目指しましょう。