皆さんこんにちは、Yukiです。
今回はトルコリラの買い時について考察していきます。

スポンサーリンク

googleアドセンス広告


トルコリラはまだ買うべきでない

結論から言うと、トルコリラはまだ買い時ではありません

※画像掲載元(https:jp.tradingview.com)
これはトルコリラの月足チャートにトレンドラインを引いたものです。これを見るとまだまだ長期の下落トレンドから抜け出せていないのが一目瞭然だとわかります。長期にわたる長い下降トレンドが継続しているため、今後もトルコリラは下落をしていく事が予想できます。

トルコリラの買い時はいつか?

トルコリラの買い時ですが、まずこの長期にわたる下降のトレンドラインを抜けた時が買い時になります。具体的に下降トレンドを抜けたチャートはどういう時か例を作りました。

※画像掲載元(https:jp.tradingview.com)
緑のロウソク足は私が付け足したものです。斜めに引かれている長期の下降トレンドラインを突き抜ける上昇が確認されたときに、トルコリラは初めて買い時となります。

トルコリラのスワップ積立投資は危険

現在、トルコリラは多くのFX会社で高金利通貨として宣伝されています。セントラル短資FXでは、1000通貨のポジションを持っているだけで、毎日9円のスワップ金利が入ってきます。しかし、スワップ金利が貰えたとしても、トルコリラの価値が下降線を辿れば、スワップ利益<損となり。損をし続ける結果となります。最初に書いた長期の下降トレンドを抜け出さない限り、利益を上げる事は難しいと考えられるため、トルコリラのスワップ積立には手を出さない方が無難です。

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設

まとめ

トルコリラの長期下降トレンドはまだ続いており、高金利通貨として宣伝されていても今は手を出してはいけません
しかし、この下降トレンドの抜け出しの判断が出来れば、大きく利益を上げられる通貨である事は間違いありません。
今後も継続してチャートの方向性を確認する事で、買い時を逃さない事で、夢のスワップ金利生活を実現できる可能性があります。

FXや仮想通貨はやり方1つでギャンブルにも仕事にもなる!

仮想通貨ビットコインはどんな仕組み?ブロックチェーンの仕組みは?取引やマイニングの仕組みは?