副業でFXを始めたいけど、どこの会社で口座開設しようか悩んだことはありませんか?

初心者向けのFX口座は、セントラル短資FXがおすすめな理由

セントラル短資FXは、長い歴史に特徴があります。実に100年もの歴史があり、配信しているレポートも充実しているのです。果たしてこのFX業者は、良いサービスを提供しているか気になってしまう事もあるでしょう。今回は20代から30代の投資初心者の方々に向けて、セントラル短資FXの主なメリットや特長を紹介しています。

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com

メキシコペソでの取引が可能

セントラル短資FXは取り扱い通貨ペアの数自体は、それほど多くありません。全部で25の通貨ペアを取り扱っていると、公式では明示されています。
しかしこのFX業者の場合は、ややマイナーな通貨も取り扱っているのです。その1つがメキシコペソです。
メキシコペソを取り扱っているFX業者は、意外と珍しいです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨を取り扱っている業者は多いですが、メキシコペソはなかなか見かけません。
メキシコペソの場合、レートの低さが特徴的です。南アフリカランドよりもレートが低く、とても独特な通貨である事は間違いありません。
このペソという通貨は、スワップポイントも比較的高めなのです。レートはあまり大きく変動しませんし、ある意味スワップ取引には最適な通貨とも言えます。
ですがマイナーな通貨だけに、取り扱っている業者を見つけるのに苦労してしまう事もあります。セントラル短資FXは、メキシコペソで取引できる貴重な業者の1つなのです。
もちろんメキシコペソだけでなく、米ドルやユーロドルなどのメジャー通貨も取り扱っています。

 

米ドル円とユーロドルのスプレッドが狭い

ところで短期売買を検討している方々は、しばしばスプレッドの狭さに注目しています。スプレッドは、確かに狭いに越した事はありません。業者によってスプレッドの狭さも異なりますし、業者を比較する基準の1つになるのです。セントラル短資FXのスプレッドは、悪くない数字になっています。
例えば現時点では、米ドル円は0.003円になっているのです。他社と比較してみると、0.003円という数字は比較的良い方である事は間違いありません。他社でも、スプレッドが狭い業者なら0.003円ぐらいになっているのです。
米ドル円だけでなく、ユーロドルのスプレッドにも特徴があります。現時点では0.00003ドルになっているのですが、これも他社よりは狭い方なのです。
米ドル円とユーロドルは、代表的な通貨ペアになります。特にユーロドルなどは、取引量が非常に多いのですが、上述のようにスプレッドは狭く設定されているのです。短期売買を検討しているなら、セントラル短資FXはおすすめです。

 

スキャルピングも問題ない

ところで短期売買と言えば、スキャルピングもあります。数ある短期売買の中でも、かなり時間軸が短い方です。
スキャルピングで取引するつもりなら、業者は慎重に選ぶべきです。というのも多くのFX業者は、スキャルピングを禁止しています。
短期売買になる以上は、どうしても取引の頻度が多くなるのです。という事は、FX業者のサーバーに対する負担も大きくなる傾向があります。業者としては、ユーザーに頻繁に売買されてしまいますと、サーバーの動きが悪くなってしまうのを心配しているのです。ですからスキャルピングを禁じている業者も、少なくありません。
ただ、全ての業者がスキャルピングを禁止している訳でもないのです。中には、超短期売買を認めている業者もありますが、その1つがセントラル短資FXになります。
しかもセントラル短資FXには、スプレッドも狭く設定されているのです。短期売買するトレーダーにとっては、そのスプレッドは軽視できません。短期売買ですと、どうしても取引の回数が多くなります。売買回数が多くなると、わずか0.001円程度のスプレッドでも軽視できないコストになります。その点セントラル短資FXならスプレットも狭いですし、短期売買を検討しているならおすすめです。

 

自動売買も可能

またセントラル短資FXなら、自動売買も可能です。投資信託のように取引を代行してほしいなら、おすすめです。
FXは、本来は自分で取引する必要があります。いわゆる裁量トレードです。常にレートの動きに注目し続けているトレーダーも、珍しくありません。ですが普段から仕事が忙しい方ですと、レートの動きを注視し続けるのも難しいです。
その点セントラル短資FXであれば、取引を代行してもらう事もできます。このFX業者が提供しているストラテジを選択し、売買を任せることになるのです。ストラテジは、それぞれ売買成績も異なりますし、慎重に選ぶ必要はあります。ですが売買を代行してくれますから、普段忙しい方でも外貨でお金を動かす事ができます。
この自動売買のシステムは、FX業者によっては利用できない事もあるのです。その点セントラル短資FXは自動売買も可能ですし、とても便利です。

 

1,000通貨単位での取引もできる

ところで投資に慣れていないと、リスクが不安になってしまう事もあるでしょう。
確かにFXでは、大きな利益が生じる事もあります。逆に、リスクもあるのです。自分が想定していなかった動きによって、大きな損失が生じてしまう事もたまにあります。その際、大きなお金を動かしていれば、損失額も大きくなってしまうでしょう。
ですが、それも取引枚数次第です。FXの業者によっては、比較的少ない枚数で取引する事もできます。最低1万枚という業者も多いですが、中には1,000枚など少ない枚数で取引できる業者もあるのです。その1つがセントラル短資FXになります。
この業者の場合は、最低取引枚数は1,000枚になるのです。つまり1万ドルなどの大きな枚数ではなく、1,000ドル単位の少ない枚数で取引する事もできます。この点は意外と大切です。
FXにあまり慣れていない内は、とりあえず少ない枚数で取引してみて、ある程度慣れてきたら枚数を増やしている方も多いです。セントラル短資FXは、1,000枚だけでなく1万枚や10万枚で取引する事もできます。最大100万枚での取引も可能なのです。多彩な枚数で取引できるのも、このFX業者のメリットの1つです。

 

両替サービスと手数料のメリット

またセントラル短資FXは、実は両替サービスもあります。この点は、意外と軽視できません。
そもそもFXという金融商品は、外貨で取引する事になります。それだけに、外貨両替のサービスも提供しているのです。
ちなみに両替でしたら、銀行という選択肢もあります。ですが銀行の場合は、手数料は少々高めです。色々な種類の手数料を支払うケースが多く、1回の両替につき数千円ぐらい支払うケースも多々あります。
セントラル短資FXは、銀行よりも遥かに手数料が安いです。受け渡しというサービスを利用する場合、1万通貨につき500円になります。それに加えて送金手数料も支払う事になりますが、送金先の銀行によっては、手数料が無料になるのです。両替の手数料を低く抑えられるのは、セントラル短資FXの魅力の1つです。
ちなみに両替サービスを提供しているFXの業者は、意外と数は少ないです。両替サービスは提供せず、FX専門で事業を営んでいる金融業者も多いのですが、セントラル短資FXなら両替もできます。海外旅行などを含めて外貨に両替したい方にとっては、とても便利です。

 

まとめ

全体的にセントラル短資FXは、短期売買に向いている業者でもあり、スワップ取引にも向いています。メキシコペソによるスワップ金利は魅力的です。しかも両替サービスも提供していますし、とても便利です。FXの口座を開設してみたいなら、セントラル短資FXを前向きに検討してみると良いでしょう。

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com