始めに
経理業務は企業にとっては必須業務であり、膨大な作業量故、効率化が必須の業務でありながら、専門家の人手不足等でそこまで手が回らないという企業は多いのではないでしょうか、

今回は、経理業務の効率化に向け、クラウド会計ソフトの導入を検討している方々に向け、
「会計知識ゼロでも活用できる確定申告ができる」のフレーズで有名なクラウド会計ソフト「freee」のメリット・デメリットにつき、私の実務経験を踏まえてご紹介いたします。

クラウド会計ソフト「free」とは?
会計知識がほとんどゼロでも経理業務が出来てしまう優れたソフトです。
また、このソフトを使えば使うほど業務が楽になり、作業が効率的になります。

  • このソフトで具体的に何ができるのかを下記に示します。
    • 自動で経理
    • 取引
    • 口座振替
    • 口座一覧
    • 経費精算
    • 確定申告書の作成
    • 分析レポートの作成
    • その他設定
  • freeeのメリットとは?
    • 簿記の知識が不要
      私は簿記2級を持っていますが、この会計ソフトを使う上では、ほとんど簿記の知識は必要ありません。
      UIが優れており、初めて会計ソフトを使う人でも直観的に使い方が理解でき、経理業務を進められるように設計されています。
      経理の経験が豊富な方にとっては少し物足りないかもしれませんが、初心者の方にとってはこの上ないベストなソフトといえます。
    • 自動仕分登録が可能
      銀行口座やクレジットカードをfreeeに登録しておくと、入出金明細からボタン一つで自動的に仕訳を行ってくれます。取引先名、入出金日付、金額等の情報を自動で取り込み、そのデータに基づいて、予測仕訳を提案してくれるため、会計知識を持たない人でも自由に使いこなせるような設計となっています。もちろん、最初は1つ1つ取引内容を確認し、必要な勘定科目の設定をする必要がございますが、ある程度ソフトに覚えさせれば、その後は自動登録ルールにマッチする取引があった場合、自動的に仕訳登録されようになります。
      例えば、「トウキョウガス」と入力すると、「水道光熱費」、「○○株式会社」からの入金、「売上」等ようにテキストから勘定科目を自動で推測してくれます。

私の場合、約3カ月間程度自動化のための良質なインプットをさせ、会社で使用するほとんど全ての取引をfreeeに覚えさせることができました。これはいわゆる「機械学習」であり、経理業務の大半はルーチン取引であるため、インプットさせればさせるほど通常業務の対部分は自動化でき、例外的な取引に対し個別対応を行なえばよいということになります。
インプットされればさせるほど、学習量が増え賢くなるため、一年もたてば、freeeは業務上、欠くことのできない立派なビジネスパートナーになるでしょう。私はこのパートナーのおかげで経理業務の作業時間が1/10になり、快適な経理ライフを送れるようになりました。

  • スマホ撮影で簡単経理処理
    スマホアプリを使用することになりますが、レシートや領収証の画像をAIが自動解析し、
    文字情報から自動で経費などをインプットします。ミスも全くなく、正確に読み取ってくれるため、この機能も重宝しました。
     

 

    • スキマ時間で経理業務
      freeeはスマートフォンを使っても経理業務ができます。
      作業内容としては、簡単な入力作業が中心となりますが、スキマ時間に経理業務を行うことが可能です。経理業務といえば、PCの前でずっと単調でつまらないルーチン作業を淡々とこなさないといけないと思っている方が多いのではないでしょうか。
      このアプリを使うだけで、まるでゲームをやっている感覚で仕事ができてしまいます。
      仕事をする環境を変えると仕事効率もあがりますし、スマホだと見づらいアプリが多い中、freeeのアプリは操作しやすく分かりやすいユーザーインターフェイスになっているため、ストレスなく作業を進めることができます。
      具体的には、銀行口座等の取引データからデータを抽出した後、上記の通り、自動仕訳を行ってくれるのですが、その結果を最終的に承認する作業があります。この作業がなんとスマホのアプリで簡単に行うことが可能で、YES(右にスライド)かNo(左にスライド)を判断するだけです。私は仕事に行き詰ったら気分転換としてアプリで作業をしておりますが、とってもオススメです。
    • 確定申告書をそのまま送信
      一般的には、作成した申告書ファイルをe-Tax用に出力することが必要ですが、
      freeeではこのような作業は一切不要で、作成した確定申告書をe-Tax(電子申告)で直接送信することが可能です。
    • サポート体制
      クラウド会計ソフトのシェア率が業界トップクラスであることからもわかる通り、カスタマーサービスの質はとても高いです。特にチャットサポートが優れており、どんなに小さな悩みでも相談可能であり、なんといっても数時間以内には必ず返信がもらえることが経理担当者にとっては有難いサービスではないでしょうか。
      初心者にとっても抱えている悩みをすぐに解決でき、「こんな初歩的な質問を上司にしたら怒られるかもしれない。」等と上司を気にして悩むこともありません。
  • freeeのデメリットとは?

価格が高い
弥生オンライン、ネットde会計、Mfクラウド会計等と比較すると少し割高です。
ただ、そこまで大きな差はなく、メリットを考慮すると十分導入に値する金額かと思います。

【法人向け】

【個人向け】

    • クレジットカード明細の読み取りが遅い
      クレジットカードの明細は、請求内容が確定したタイミングで取り込まれるため、カードを利用した段階では反映されず、タイムラグが生じます。すぐにデータとしてほしいのに待たないといけないというもどかしさを感じます。
    • 一般的な会計ソフトと異なる
      簿記の考え方等ほとんど用いずに作業可能であるため、一般的な経理業務で使われる用語(貸方、借方等)は一切出てきません。
      そのため、簿記をかじったことのある人、以前別の会計ソフトを使っていた人等、ある程度経理経験を積まれている方にとっては、使いづらい部分や戸惑う部分が多いかもしれません。
      つまり、全く新しい別次元の会計ソフトなのです。
      当然、初心者が簡単に作業できるということは、玄人にとっては物足りなさや使いづらさがあるものです。全く新しいソフトを一から覚えるくらいのパワーが必要なため、経理経験が長ければ長いほど、freeeの導入については慎重になると思います。
    • 一括仕訳ができない
      メリットでもご紹介した通り、一つ一つ仕訳登録する必要があるため、私の会社では一括登録が必要になったことはありませんでしたが、一括で仕訳登録をしたい方には不便かもしれません。
    • 補助科目がない
      経験のあるベテラン経理担当者の方にとっては、信じられないことかもしれません。
      これもまた初心者にわかりやすい機能を追求した結果です。
      freeeには補助科目の代わりに、「タグ」機能がついており、これを使いこなすことにより、補助科目の役割を果たすことができます。ただ、慣れが必要であるため、補助科目を使い慣れている方にとってはデメリットかもしれません。

最後に
経理業務の効率化を目指す方向けにクラウド会計ソフト「freee」のメリットとデメリットをご紹介しましたが、「freee」は本当に初心者の方でも簡単に使いこなすことができます。

小限の機能に絞りつつ、業務の効率化をしっかり実現するというとても良くバランスの取れたソフトです。

経理業務を一日中やっていたいといういわゆる「経理マニア」のような人には少し物足りないソフトかもしれませんが、手書きの伝票を書かれているような会計初心者の方で、作業を効率化して残業を減らしたい、他の業務に時間を割きたいと願っている方にとっては、間違いなく自信をもってお勧めできるソフトです。
最初のうちは面倒に思うかもしれませんが、1つ1つ丁寧にクラウド会計の知能を育てていくという意気込みで学習させていくと、完全自動化も夢ではありません。
まずは無料で試してみてはいかがでしょうか。